[技術解説]

ビジネス分析の知識体系「BABOK」 PART05

2010年8月24日(火)

要求を顕在化し 業務プロセスの不整合を回避するBABOK 各部署からのさまざまな要求を集約し、一貫性のある業務プロセスを作成するのは大変な作業だ。こんなとき1つの目安となるのが、複数の要求を整理するための知識やスキルを体系化した「BABOK(ビーエーボック)」である。

業務プロセスを改善するにあたり、プロセスやシステムに求める要件は、業務プロセスに関わるステークホルダーごとに異なる。業務プロセスを最適化するためには、経営層や各部門からのニーズを明確化し、適切な要求のみに絞り込んで一貫性ある改善策を導き出すことが欠かせない。

だが実際は、要求をまとめる方法は統一しておらず、これらを総括する人材に求められる知識やスキルも明白でない。

目的を見失わないBPM実施を支援

こうした課題解決の参考となるのが、「BABOK(Business Analysis Body Of Knowledge)」と「ビジネスアナリスト(BA)」である。

BABOKはBPMやシステム開発などのプロジェクトに必要な知識やスキルを示したガイドラインだ。プロジェクトに関わる要求を顕在化し、必要となる要求を整理するのに役立つ。BPMにおいては、業務プロセスをモデル図に落とし込む以前の作業として、どのビジネスニーズを優先してプロセスに反映すべきかをまとめるのに有用だ。BAは必要な要求を洗い出して分析し、ステークホルダーごとに異なる要求の利害関係を調整する人材を指す。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

ビジネス分析の知識体系「BABOK」 PART05要求を顕在化し 業務プロセスの不整合を回避するBABOK 各部署からのさまざまな要求を集約し、一貫性のある業務プロセスを作成するのは大変な作業だ。こんなとき1つの目安となるのが、複数の要求を整理するための知識やスキルを体系化した「BABOK(ビーエーボック)」である。

PAGE TOP