[新製品・サービス]

マイクロソフト、クラウドを見据えた「地域医療連携ソリューション」を発表

2010年8月14日(土)

マイクロソフトは2010年8月13日、ITを活用した医療機関向けの院内の業務効率化や安全性向上などのソリューション推進を拡充し、地域医療サービスの質の向上支援を目的とした「地域医療連携ソリューション」の推進を加速化すると発表した。同時に、医療分野におけるIT利活用第一弾として、同ソリューションが、国家公務員共済組合連合会立川病院に採用されたことを明らかにした。マイクロソフトは、2012年までに30機関への同ソリューションの導入を目指す。

厚生労働省の策定した「地域医療再生計画」では、地域の病院、診療所、開業医などの医療機関の連携による、医療サービスの提供が求められている。また、医療機関では、患者の症状に応じた、適切で迅速な治療が求められており、地域の医療機関が相互に連携をする際に、診断画像などの診療情報を共有する手段として、ITが有効とされている。

マイクロソフトは、同社のテクノロジとインターネットの組み合わせによる「地域医療連携ソリューション」を、パートナー企業との連携により、医療現場のニーズにあわせて提供する。地域の中核病院側は、同ソリューションの導入により、放射線画像・レポートや検体検査などの医療情報の集約や、連携する医療機関との情報共有が可能になり、今後クラウドへの移行も容易になる。また、連携先の医療機関と情報共有をする際にPC端末に情報が残らないので、強固なセキュリティを確保できる。

◆「地域医療連携ソリューション」の特徴は次のとおり。

  • 医療機関のニーズにあわせた情報システムの対応が可能となり、電子カルテシステムやオーダリングシステムに縛られないオープンな情報システム環境を実現する。
  • 医療機関の情報システムで利用されている業界標準技術(HL7)やシステム毎に異なる固有のフォーマット(XML、CSV、固定長)と柔軟に連携できる。
  • 汎用的なマイクロソフトテクノロジとインターネットを活用することで、クラウドへの移行や制度の変更、連携する医療機関の追加など、情報システムに柔軟に対応できる。
  • 利用者権限に応じて情報を提供すること、専用ソフトを活用した従来の地域医療連携ソリューションと同等のセキュリティやサービスレベルを提供する。
  • 地域の中核病院と連携する医療機関は、専用端末や特別なアプリケーション、専用線を導入することなく、Windows オペレーティングシステム(OS)の標準機能やブラウザーでインターネット回線を通じて利用できる。

なお、同ソリューションは、従来のパッケージシステムと比較して、20~30%(同社の独自調査)のコスト削減ができるとしている。

◆地域医療連携ソリューションを決定した立川病院について

立川病院は、連携先医療機関から「紹介患者の診療情報や検査結果情報をより早く確実に提供して欲しい」といった要望を受けており、この要望を満たし、なおかつセキュリティを確保し、連携先医療機関にとって負担にならない解決策として、同ソリューションを採用し、導入することを決定した。立川病院は、同ソリューションで、2010年内に20機関と連携し、2012年内には60~100機関との連携を実現し、北多摩地域での効果的な地域医療連携の促進と発展を目指す。同ソリューション導入による効果は次のとおり。

  • これまで、紹介患者の検査結果を紙や電子媒体で連携先医療機関に提供していたが、医療情報データの共有、および共有の自動化が実現した。
  • 立川病院と連携する医療機関では、紹介された患者の検査結果を入手するのに平均3~4日、複数検査の場合は約3週間かかっていたが、検査を実施した翌日にはPCやブラウザ上で検査結果を参照することが可能になった。
  • 立川病院と連携する医療機関側は、インターネット接続回線とPCさえあれば、特別な初期投資は不要で運用後のサービス使用料も発生しない。
  • 患者基本情報などの個人情報がデータとして利用者側に渡らないよう、USBメモリなどの外部デバイス使用や、画面のスクリーンショット保存機能、印刷操作に制限を設けるなどのセキュリティ対策が施された。

【連携対象システム】 :医事会計システム、放射線画像システム、検体検査システム、紹介患者システム
【構築パートナー】 :JFEシステムズ、ストローハット、東芝メディカルシステムズ
【構成ソフトウェア製品】 :Windows Server 2008、SharePoint Server 2007、SQL Server 2008、BizTalk Server 2009、Intelligent Application Gateway 2007、Silverlight 3.0


マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

関連記事

マイクロソフト、クラウドを見据えた「地域医療連携ソリューション」を発表マイクロソフトは2010年8月13日、ITを活用した医療機関向けの院内の業務効率化や安全性向上などのソリューション推進を拡充し、地域医療サービスの質の向上支援を目的とした「地域医療連携ソリューション」の推進を加速化すると発表した。同時に、医療分野におけるIT利活用第一弾として、同ソリューションが、国家公務員共済組合連合会立川病院に採用されたことを明らかにした。マイクロソフトは、2012年までに30機関への同ソリューションの導入を目指す。

PAGE TOP