[新製品・サービス]

NEC、オフィスソリューションをクラウドサービスで提供開始

2010年9月17日(金)

NECは2010年9月16日、オフィスソリューションをクラウドサービスで提供する「UNIVERGE Live(ユニバージュ ライブ)」を新たに製品化し、同日より販売活動を開始すると発表した。

「UNIVERGE Live」は、メールや電話、グループウェア、Web会議、セキュリティ管理などオフィスのICT環境を同社のデータセンターを利用し、クラウドサービスとして提供するもの。ユーザーは、サーバやネットワーク機器、ソフトウェアなどを自社で所有しなくても最新のオフィス機能が利用でき、システム運用やオフィスのセキュリティ管理などの負担を軽減しつつ、ワークスタイル革新を実現できる。

同サービスは、メール、ストレージなどの運用支援を目的とした「UNIVERGE Live エッセンシャル」、グループウェア、Web会議などのコミュニケーション強化を目的とした「同 フュージョン」、ファイアウォール、Webフィルタリングなどの堅牢なセキュリティを提供する「同 シェルター」の3つのサービスパックがあり、ユーザーはニーズに合わせた選択が可能。

同社は、新サービスについて、自社による販売に加え、販売パートナーとの連携を強化し拡販を図る。販売パートナーは、ユーザー管理ポータルサイトから、ユーザーのサービス契約状況、サービス稼働状況、課金情報などを一元管理できる。また、ポータルサイトを利用して、複数のサービスにまたがるシングルサインオンや一括課金の実現など、ユーザーに最適な環境を提供することが可能となる。

さらに今後、海外においても現地法人を通じて販売パートナーを支援し、各地域のサービスプロバイダと連携してユーザーのニーズに合ったサービスを順次展開して行く。

また同社は、クラウドサービスに加え、ユーザーのシステム環境に応じた適切なネットワークを提供する「UNIVERGE ネットワークサービス」や、自社内のシステムで管理したいと考えるユーザーに向けて「UNIVERGEオフィスソリューションパック」もあわせて製品化した。

新発表のサービス、ソリューションの特長は以下のとおり。

  • オフィスクラウドサービス「UNIVERGE Live」
    オフィスのメールや電話、グループウェア、Web会議などのユニファイドコミュニケーション、セキュリティ管理をクラウドサービスで提供。「オフィスのICT運用の負荷を軽減したい」、「社内外とのコミュニケーション強化したい」、「手間をかけずにセキュリティを確保したい」というユーザーのニーズに合わせ3つのサービスパックを用意。
    ・エッセンシャル
     メール、ホームページ、ストレージなどオフィスの基本機能の運用を支援するサービス。
    ・フュージョン
     グループウェア、Web会議、プレゼンス(在席)管理、インスタントメッセージ、リモートアクセスなどユーザーの社内外とのコミュニケーション強化を支援するサービス。
    ・シェルター
     ファイアウォール、Webフィルタリング、アンチウィルス、メールフィルタリング、ファイアウォールなどの堅牢なセキュリティ環境を実現するサービス。
    販売価格は、エッセンシャルで月額800円/ユーザ(税別)からで、出荷開始は2011年1月からを予定する。
  • 「UNIVERGE ネットワークサービス」
    ユーザーの拠点間や「UNIVERGE Live」との接続に必要な適切なネットワークを提供するサービス。最適なネットワークをワンストップで構築できる。販売価格は、月額2万4,600円(税別)から、出荷開始は2010年10月からを予定。
  • 「UNIVERGE オフィスソリューションパック」
    同社がこれまで、ブロードバンドソリューションセンター(品川、関西)で実践してきた各種ソリューション群を仮想アプライアンス化して提供。販売価格は、248万円(税別)から、出荷開始は2010年10月からを予定。

NEC
http://www.nec.co.jp/

 

関連記事

NEC、オフィスソリューションをクラウドサービスで提供開始NECは2010年9月16日、オフィスソリューションをクラウドサービスで提供する「UNIVERGE Live(ユニバージュ ライブ)」を新たに製品化し、同日より販売活動を開始すると発表した。

PAGE TOP