[新製品・サービス]

NTTデータ、「BizXaaSプラットフォームサービス」に「文書管理」「EDI」「IFRS」サービスを追加

2010年9月18日(土)

NTTデータは2010年9月17日、エンタープライズ向けパブリッククラウド「BizXaaS(ビズエクサース)プラットフォームサービス」の新たなラインナップとして、「文書管理サービス」「EDIサービス」の提供を同日より開始したことを発表した。また2011年度より、IFRS(国際財務報告基準)対応ソリューション「連結クラウド」を株式会社NTTデータビズインテグラルから提供開始する予定。

「文書管理サービス」は、文書ファイルのアクセス管理や情報漏えい対策などの高度なセキュリティ機能や、決裁文書の進捗を把握することができるワークフロー機能など、文書ファイルを管理・活用し業務改善を実現するサービス。「EDIサービス」は複数のシステム同士のデータ連携を簡易に行うことができるサービスで、BizXaaSのアプリケーションと顧客の既存システムを、従来のようなプログラム構築をせずに連携でき、BizXaaSを簡易に導入可能になる。「連結クラウド」はクラウドによる連結会計のIFRS早期対応、経営の見える化の実現をするサービス。

「文書管理サービス」は、社内文書の階層化管理、また、各階層・文書毎のアクセス権設定が行え、社内の情報共有の潤滑化、業務の効率化、セキュリティの向上が実現できる。サービスの特長は以下のとおり。
・アクセス管理から情報漏えい防止までを網羅するセキュリティ機能を提供
・ユーザ独自の業務にも柔軟なカスタマイズで対応可能
・複雑な申請プロセスへの拡張が可能

「EDIサービス」は、BizXaaSプラットフォームサービス上のSaaSアプリケーションとユーザシステムをつなぎ、データ連携を行う。サービスの特長は以下のとおり。
・運用の負担を軽減
・設定に必要なものはヒアリングシートのみ

NTTデータビズインテグラルより提供予定の「連結クラウド」は、クラウドの利用によりIFRS(国際財務報告基準)対応の早期実現、グループ経営の見える化を可能にする。サービスの特長は以下のとおり。
・連結会計に必要なパッケージの一括提供
・各企業のIFRS対応状況に合わせた柔軟な利用形態を提供
・「Biz∫G元帳」によるグループ経営の見える化の実現
・クラウドサービスによる提供


NTTデータ
http://www.nttdata.co.jp/

 

関連記事

NTTデータ、「BizXaaSプラットフォームサービス」に「文書管理」「EDI」「IFRS」サービスを追加NTTデータは2010年9月17日、エンタープライズ向けパブリッククラウド「BizXaaS(ビズエクサース)プラットフォームサービス」の新たなラインナップとして、「文書管理サービス」「EDIサービス」の提供を同日より開始したことを発表した。また2011年度より、IFRS(国際財務報告基準)対応ソリューション「連結クラウド」を株式会社NTTデータビズインテグラルから提供開始する予定。

PAGE TOP