[新製品・サービス]

日立情報、シングルサインオンの「SHIELDeXpress認証管理サービス」を開始

2010年10月1日(金)

日立情報システムズ(以下、日立情報)は2010年9月30日、セキュリティクラウドサービス「SHIELDeXpress(シールドエクスプレス)」のラインアップの一つとして、パブリッククラウド、プライベートクラウドが混在するシステム環境で複数のWebサービスに一度の認証でログイン(シングルサインオン)できる「SHIELDeXpress認証管理サービス」を、同日より提供開始すると発表した。

「SHIELDeXpress認証管理サービス」は、複数のWebサービスの認証情報(ID、パスワード)を同社データセンタが一元的に管理し、データセンタが提供するポータルサイトへのアクセスにより一度の認証で社外・社内問わず複数のWebサービスの認証が可能なシングルサインオンを実現する。これにより、社員自らが管理するID・パスワードは一種類だけになり、管理負担を軽減できる。また、オプションで提供するPKI認証、指静脈認証との併用により、認証のセキュリティレベルを向上させることができる。

また、ポータルサイトへのアクセスは、Windowsが使えるPCのほか、シンクライアントPC、スマートフォン(Android、iPhone)、iPadが利用でき、モバイル接続にも対応している。さらに、SaaS型サービスを提供するプロバイダが同サービスを認証基盤として利用することも可能である。

■ 「SHIELDeXpress認証管理サービス」の特徴

1. 複数のID、パスワードを一元管理(シングルサインオン)
一度の認証処理を行うだけで、登録している複数のサービスを利用できる。認証処理の一元化により、利用者の利便性を向上し、管理者の作業負担を軽減する。

2. パブリッククラウドサービス(SAML2.0対応プロバイダが条件)利用における認証セキュリティを向上
PKI認証(同社のSSComの認証基盤)や指静脈認証(日立製作所の「指静脈認証サービス」)を組み合わせることにより、より強固な認証を採用することができる。

3. 認証基盤の運用管理や機器購入が不要
認証に必要な基盤は全てデータセンタから提供されるので、機器類の購入や運用管理は不要になる。

■ 「SHIELDeXpress認証管理サービス」の利用価格例(50ユーザ利用時、税込み)

初期費は15万7500円~。月額料金は、ID・パスワード認証が5250円/月、PKI認証が1万8375円/月~(クライアント証明書含む)。指静脈認証は個別見積。
自社システムへの導入は別途相談。

日立情報は、今後もセキュリティクラウドサービス「SHIELDeXpress」を構成するサービスのラインアップ強化を図り、2011年度末までに「SHIELDeXpress」全体で1.5億円(累計)の売上を目指すとしている。


「SHIELDeXpress 認証管理サービス」
http://www.hitachijoho.com/solution/shield/express/ninsyou_kanri/index.html

日立情報システムズ
http://www.hitachijoho.com/

関連記事

日立情報、シングルサインオンの「SHIELDeXpress認証管理サービス」を開始日立情報システムズ(以下、日立情報)は2010年9月30日、セキュリティクラウドサービス「SHIELDeXpress(シールドエクスプレス)」のラインアップの一つとして、パブリッククラウド、プライベートクラウドが混在するシステム環境で複数のWebサービスに一度の認証でログイン(シングルサインオン)できる「SHIELDeXpress認証管理サービス」を、同日より提供開始すると発表した。

PAGE TOP