[新製品・サービス]

東芝ソリューション、統合コンタクトセンタソリューション「CT-SQUARE」の多言語対応版を提供開始

2010年10月29日(金)

東芝ソリューションは2010年10月28日、統合コンタクトセンタソリューション「CT-SQUARE」の多言語対応版をパッケージに標準装備し、2010年10月より提供開始すると発表した。

同社は、国内130社以上の導入実績をもつ統合コンタクトセンタソリューション「CT-SQUARE」に、英語・中国語のインターフェイスを標準装備して「多言語対応版」とし、企業のコールセンター業務のグローバル展開を支援する。

「CT-SQUARE 多言語対応版」の主な特長は以下のとおり。

  • 各国別ユーザインタフェースの個別開発が不要
  • 各国のコールセンターをワンシステムで提供することで、製品やサービスに関するリスク、管理、品質管理の一元化を実現
  • 「グローバルコード」により製品・問い合わせ分類を統一することで、当該製品に関する問い合わせ傾向などをグローバルに把握することが可能

同社は今後、グローバル事業展開をしている日本企業に同製品を拡販し、今後3年間で10億円以上の売上を目標とする。


東芝ソリューション
http://www.toshiba-sol.co.jp/

 

関連記事

東芝ソリューション、統合コンタクトセンタソリューション「CT-SQUARE」の多言語対応版を提供開始東芝ソリューションは2010年10月28日、統合コンタクトセンタソリューション「CT-SQUARE」の多言語対応版をパッケージに標準装備し、2010年10月より提供開始すると発表した。

PAGE TOP