データマネジメント データマネジメント記事一覧へ

[市場動向]

データマネジメント最新事情 (Part01)

2010年11月2日(火)

読者調査で浮かび上がった 企業のデータ品質と管理状況 ヒト・モノ・カネと並ぶ重要な資産だと言われ続けてきたデータ。日々発生してシステムに蓄積されていくデータの価値を、企業は十分に引き出しているだろうか。本誌の独自調査などを通して浮かび上がってきた「データマネジメント」の最新事情を紹介する。データ品質を高めたいという要望と、それを実現しようとする機運がにわかに高まっている。

データ品質への不満が爆発
10%が致命的な事態を経験

ITユーザーの半数以上がデータの品質に不満を持っている─。本誌が2010年9月10日から10月1日にWebで実施した読者調査から、こんな実状が浮かび上がってきた。データマネジメントの現況を象徴する結果を、次ページに一覧する。

ITユーザーが不満を抱く最大の理由は「必要なデータが見つからない」こと。「その他」とした回答者からは、「データが散在している」「データ管理に必要なルールや概念が存在せず共有できない」という声も寄せられた。

ここで注目したいのは、調査結果に示したグラフCである。データ品質に起因して業務に支障が出た経験を聞いたところ、致命的や軽微なトラブルを経験した回答者が34.5%に上ることが分かった。報道で明るみに出ないだけで、企業内ではシステムのデータ品質を原因とするトラブルが多発していたことがうかがえる。

ユーザーからの強い要望も
予算確保やROIの明示が壁に

データマネジメントとは、データの品質を高め、それを維持する一連の取り組みである。具体的には、異なる業務/システムで使うデータの関係性や整合性、業務処理に伴って発生するデータの品質などを管理すること。データモデリングやデータクレンジング、マスターデータ管理、メタデータ管理といったデータの設計からシステムへの実装、運用、保守を包含する。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連記事

データマネジメント最新事情 (Part01)読者調査で浮かび上がった 企業のデータ品質と管理状況 ヒト・モノ・カネと並ぶ重要な資産だと言われ続けてきたデータ。日々発生してシステムに蓄積されていくデータの価値を、企業は十分に引き出しているだろうか。本誌の独自調査などを通して浮かび上がってきた「データマネジメント」の最新事情を紹介する。データ品質を高めたいという要望と、それを実現しようとする機運がにわかに高まっている。

PAGE TOP