データマネジメント データマネジメント記事一覧へ

[技術解説]

業務を“蝕む”データの汚れ (Part02)

2010年11月9日(火)

「無秩序」「不整合」が蔓延する データマネジメントの実態 情報システムで活用しているデータは思いのほか汚れている。そして品質の悪いデータは日常的に業務上のロスの発生や、企業への信頼低下を招くリスクを膨らませている。簡易型の自己診断シートと身近に見られる低品質なデータの例を通じて、データマネジメントの現状を把握してみよう。

データマネジメントの不備
行政の例は氷山の一角

ほんの数カ月前、「安政年間に生まれた人が存命している」といった話題がテレビや新聞、雑誌をにぎわしていた。これが事実なら、長寿の国として世界が驚くニュースかもしれない。しかし、事実であるはずはなく、行政機関による国家的なデータマネジメントの不備を白日の下にさらしただけだった。住民基本台帳の仕組みは用意したものの、中身のデータと事実が異なっており、国民を正しく把握できていないことが原因である。

実は、データマネジメントの不備による現象は身近なところで日常的に発生している。同じ会社から同じ内容のダイレクトメールが何通も送られてきた。展示会案内の送付拒否の連絡をしたのに、引き続き送られてきた──。こうした経験をした読者は少なくないだろう。いずれのケースも大抵は企業におけるデータマネジメントの不備が直接の原因で、システム内で保有しているデータの重複や誤りによって起きている。

データマネジメントの不行き届きによるデータ品質の劣化は、今この瞬間も企業内で数々の問題を引き起こしている。典型的な問題を紹介する前に、まずは分かる範囲内で構わないので、図2-1の「簡易診断チェックリスト10」を使って自社の状況を概観してほしい。

図2-1 データマネジメントレベルのチェックシート(クリックで画像を拡大)
データマネジメントレベルのチェックシート

いかがだろう。いくつかの項目、ひょっとすると半分以上の項目で「NO」をマークした方が多いのではないだろうか。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

業務を“蝕む”データの汚れ (Part02)「無秩序」「不整合」が蔓延する データマネジメントの実態 情報システムで活用しているデータは思いのほか汚れている。そして品質の悪いデータは日常的に業務上のロスの発生や、企業への信頼低下を招くリスクを膨らませている。簡易型の自己診断シートと身近に見られる低品質なデータの例を通じて、データマネジメントの現状を把握してみよう。

PAGE TOP