[海外動向]

【2010 Teradata PARTNERS(テラデータ)】ユーザー企業が主導するDWHの進化 Bigdataへの対応が次のテーマに

2010年11月30日(火)

ペタバイト規模から知見を得る鍵は リアルタイム性とデータ品質の追求 10月下旬、IBM、Teradata、SAPの年次カンファレンスが立て続けに米国で開催された。企業が蓄積し得る膨大なデータ群から、競争力につながる知見をいかに速やかに得るか─。その解を追求するのが各カンファレンスに共通するテーマだ。

レポート2. 2010 Teradata PARTNERS User Group Conference & Expo

2010年10月24日〜28日 米サンディエゴ/Teradata

米サンディエゴ・コンベンションセンター PARTNRESが開催された米サンディエゴ・コンベンションセンター。長大な建物だ

米国IT業界で今、クラウドコンピューティングと並ぶホットトピックが、「データウエアハウス(DWH)」およびそのアプライアンス製品だ。実際、米国の有力IT企業がこぞって、この分野に参入している。

昨年、米オラクルが「Exadata」を発表したのを皮切りに、米EMCはDWHソフト製品の米グリーンプラムを7月に買収。サーバーを米デルから調達して10月中旬にアプライアンス機、「DATA COMPUTING APPLIANCE」を発表した。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

【2010 Teradata PARTNERS(テラデータ)】ユーザー企業が主導するDWHの進化 Bigdataへの対応が次のテーマにペタバイト規模から知見を得る鍵は リアルタイム性とデータ品質の追求 10月下旬、IBM、Teradata、SAPの年次カンファレンスが立て続けに米国で開催された。企業が蓄積し得る膨大なデータ群から、競争力につながる知見をいかに速やかに得るか─。その解を追求するのが各カンファレンスに共通するテーマだ。

PAGE TOP