[技術解説]

識者の目:継続的改善が成功への道 (Part03)

2010年12月14日(火)

初めから完璧などない 継続的改善が成功への道 ここ数年、IT関連のセミナーや雑誌でSOAというキーワードを見聞きする機会が減っている。 しかし、SOAの意義は決して薄れていない。 本パートでは、SOAの本質を改めて整理するとともに、導入する際に考慮すべきポイントを洗い出す。

2009年1月5日、IT調査会社である米バートングループのバイスプレジデント兼リサーチディレクターであるアン・トーマス・メインズ氏のブログに「SOA is Dead; Long Live Services(SOAは死んだ;サービス万歳)」というエントリーが上がり、たちまち話題を呼んだ。ご記憶の方も多いだろう。これに呼応するように、米ガートナーのアナリストがブログに「Ahh Shucks, SOA Is A Failure(嗚呼、SOAは失敗だ)」と題して「SOAにより、コストはむしろ上昇し、プロジェクトは長期化し、システムはより脆弱になった」と書き込んだ。これらの意見をめぐって、ネット上で賛否両論、様々な意見が飛び交った。

SOAは無意味なバズワードだったのだろうか。答えは「No」だ。この話題に入るには、SOAとは何かを今一度、整理する必要がある。

SOAの本質はソフトウェアの部品化

近年、「不確実性の時代」や「戦略のパラドックス」という言葉で表現されるように、企業を取り巻く環境の変化はあまりにも急激である。こうした変化のスピードにシステムが追随できず、むしろビジネスの足を引っ張るリスクになりかねないという不安がIT部門の間で拡大している。SOAは、こうした不安を解決するために有効な手法として登場した。SOAにより、アプリケーションの重複開発を排除できるほか、開発の柔軟性が高まるメリットを期待できるからだ。

では、そもそもSOAとは何か。ITRは、SOAを「ソフトウェアをサービスという部品に分割し、それらを組み合わせてシステムを構成する手法」と定義している(図3-1)。つまり、SOAの本質はソフトウェアの部品化である。そう考えれば、SOAは新しい概念ではないし、何かの突然変異で現れたものでもない。構造化プログラミングをはじめ、古くから同様の発想はあった。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

識者の目:継続的改善が成功への道 (Part03)初めから完璧などない 継続的改善が成功への道 ここ数年、IT関連のセミナーや雑誌でSOAというキーワードを見聞きする機会が減っている。 しかし、SOAの意義は決して薄れていない。 本パートでは、SOAの本質を改めて整理するとともに、導入する際に考慮すべきポイントを洗い出す。

PAGE TOP