[新製品・サービス]

KDDI、企業向け閉域型クラウドサービス「Virtual データセンター」の機能を拡充

2010年11月30日(火)

KDDIは2010年11月29日、同社の企業向け広域データネットワークサービス「KDDI Wide Area Virtual Switch」(KDDI WVS)のサービス上で展開する閉域型クラウドサービス「Virtualデータセンター」について、2011年1月4日より新たに4つの機能を拡充すると発表した。

「Virtualデータセンター」は、KDDI WVSのバックボーンに直結したサーバー機能を利用できる閉域型クラウドサービス。今回の拡充では、通信帯域を拡張可能なトラフィックフリー機能に対応するほか、データセンターや接続回線、ハードウェアやソフトウェアへの投資や個別構築を不要とし、企業資産の所有から利用への積極的な移行を推進して、法人の顧客にICT業務のアウトソース先として活用してもらえるようにする。

新たに拡充される機能の概要は、以下のとおり。

  1. 仮想サーバープラットフォーム
    Virtual データセンター内の冗長化された専有サーバーを、顧客サーバーの集約先として利用できるサービス。サーバーをフルアウトソースすることで、顧客企業の管理運用負荷とコストの削減を支援する。
  2. 仮想デスクトップ
    各PCに分散したデスクトップ環境を、Virtualデータセンター上で集中管理し、端末をシンクライアントとして利用できるサービス。情報漏えいや端末故障時のファイル損失のリスクに対応できるほか、管理運用の負荷とコストの削減を支援する。
  3. テレビ会議
    会議室や外出先などの場所を問わず、テレビ会議専用機器やPC、スマートフォン(予定)を利用して、ハイビジョン画質のテレビ会議を利用できるようにするサービス。出張コスト削減のほか、臨場感のあるリアルタイムコミュニケーションでビジネスのスピードアップを支援する。
  4. ファイルサーバー DR(Disaster Recovery)対応オプション
    提供中のファイルサーバーのオプションサービスとして、顧客が特別に意識をすることなく、東日本および西日本のVirtual データセンターの両方にデータを保存できるようにするサービス。大規模災害等が発生した場合でも、顧客の重要なデータを維持し、業務の継続性確保を支援する。


KDDI
http://www.kddi.com/index.html

関連記事

KDDI、企業向け閉域型クラウドサービス「Virtual データセンター」の機能を拡充KDDIは2010年11月29日、同社の企業向け広域データネットワークサービス「KDDI Wide Area Virtual Switch」(KDDI WVS)のサービス上で展開する閉域型クラウドサービス「Virtualデータセンター」について、2011年1月4日より新たに4つの機能を拡充すると発表した。

PAGE TOP