[新製品・サービス]

日立ソリューションズ、医薬品業界のデータ交換システムと接続するオプション製品の販売を開始

2010年12月7日(火)

日立ソリューションズは2010年12月6日、医薬品業界の標準のデータ交換システムであるJD-NETと、医薬品製造業向けの「SAP アプリケーション」と連携する「JD-NET接続オプション」を2010年12月7日より販売開始すると発表した。「JD-NET接続オプション」を利用することで、医薬品製造業者は、期間と費用を大幅に削減したJD-NETと接続するシステム構築を実現できる。

「JD-NET接続オプション」は、同社の医薬品製造業における「SAP ERP」をベースにしたシステム開発で培ってきた技術とJD-NETと接続する部分のノウハウを製品として提供することで、効率的かつ安価でJD-NETとの接続を実現できる製品。「JD-NET接続オプション」を利用することで、これまで個別に構築していた場合と比較して、開発期間を約1/6(同社構築実績)に短縮でき、開発費用を約80%(同社構築実績比)削減することが可能となる。

同製品の特長は以下のとおり。

  1. 外部接続機能
    JD-NET接続用のEDIシステムとSAPアプリケーション間にて、SAPアプリケーション標準のIDOCで、以下の通信データをサポートする。
     ・受発注データ受信
     ・品切れデータ送信
     ・納品案内データ送信
     ・仕切書データ送信
     ・商品コード連絡データ送信
     ・商品価格連絡データ送信
     JD-NETコードとSAPコードとのコード変換情報は、SAPで一元管理。SAPアプリケーションからEDIシステムへ該当するコード変換情報を送信し、EDIシステムで変換を行う。
  2. 内部機能
    (a) 受注機能拡張
     ・受注画面の拡張(JD-NET用のデータ表示)
     ・受注登録時の出荷日決定(定期、指定)及び拒否理由(品切れ、販売中止)を設定
    (b) 請求機能拡張
     ・請求画面の拡張(JD-NET用のデータ表示)
    (c) IDOCモニタ画面
     ・送受信の処理ステータスを確認できる画面を用意(エラーリカバリもサポート)

同製品の価格(税込)は189万円より。

日立ソリューションズ
http://www.hitachi-solutions.co.jp/

 

関連記事

日立ソリューションズ、医薬品業界のデータ交換システムと接続するオプション製品の販売を開始日立ソリューションズは2010年12月6日、医薬品業界の標準のデータ交換システムであるJD-NETと、医薬品製造業向けの「SAP アプリケーション」と連携する「JD-NET接続オプション」を2010年12月7日より販売開始すると発表した。「JD-NET接続オプション」を利用することで、医薬品製造業者は、期間と費用を大幅に削減したJD-NETと接続するシステム構築を実現できる。

PAGE TOP