開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[技術解説]

多様化と成熟が進む開発環境 (Part 5)

2011年1月25日(火)

国産ツールも含めツールや方法論は多様化 海外製だけではなく、国内においても独自の方法論に基づいた 生産性の高い開発ツールがいくつか生み出されている。 国産製品を中心に、その概要を見ていく。

GeneXusやSapiens、ユニケージ開発手法といったツールや方法論の他にも、基幹系システムの開発期間を劇的に短縮することを狙ったツールのバリエーションが増えている(表5-1)。まずは、国産の2つのツールを見ていこう。

表5-1 主要な業務アプリケーションの“特急開発”を想定したツール・方法論
(画像をクリックでPDFをダウンロード)
表5-1 主要な業務アプリケーションの“特急開発”を想定したツール・方法論

[方法論+ツール型]
●iRYSHA
約180の標準サービスを用意

GCT研究所が販売するのは、Webアプリケーションの開発ツール「iRYHSHA(イェライシャ)」だ。標準で用意する機能(サービス)の組み合わせでアプリケーションを構成することに主眼を置いている。

画面や帳票などのUI、データテーブル、基本要件で定義する「業務場面(GYOMU)」を単位として開発を進めていくのが特徴だ。業務の流れに沿って「FlowCreator」で、業務場面同士のつながりを設定(図5-1)。各業務場面で利用するデータ項目の定義や、データベースのフィールド名やデータタイプ、ラベルといった要素は、専用マクロが付随するExcelシートを利用して設定する。この内容を「GYOMU Builder」と呼ぶ生成ツールに登録すると、110項目におよぶ定義情報で構成するアプリケーションの「設定テーブル」に反映。iRYSHAのASP.NETベースの実行エンジンがこれを逐次読み込み、Webアプリケーションとして動作させるのが基本的な仕組みだ。

図5-1 GCT研究所の「iRYSHA」での業務フロー設計の例
図5-1 GCT研究所の「iRYSHA」での業務フロー設計の例。マスターデータ登録や伝票処理、データ分析といった業務場面の組み合わせとしてフロー図を描いていく

ユーザー認証やアクセス制御、操作ログ、メール送受信といった汎用的な処理については、iRYSHAが提供する約180個の標準サービスによって実現する。これらは、同社がこれまで手がけてきた15カ国における統合業務(ERP)パッケージ導入の実績と、シンクタンクなどを活用した約40カ国の調査結果から絞り込んだもの。「例えばセキュリティに求められる要件は、多くの顧客に共通する。汎用的で多くの顧客に横展開できる機能はほぼサービス化を完了した。顧客固有の業務要件以外は、ほとんどカバーできる」(GCT研究所の岡部 摩利夫代表取締役社長)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

多様化と成熟が進む開発環境 (Part 5)国産ツールも含めツールや方法論は多様化 海外製だけではなく、国内においても独自の方法論に基づいた 生産性の高い開発ツールがいくつか生み出されている。 国産製品を中心に、その概要を見ていく。

PAGE TOP