[新製品・サービス]

シマンテック、知的財産の検出と保護を簡素化する「Symantec Data Loss Prevention 11」を発表

2011年1月26日(水)

シマンテックは2011年1月25日、企業の最も貴重な情報である知的財産の検出と保護の簡素化に重点を置いた「Symantec Data Loss Prevention 11」を発表した。

「Symantec Data Loss Prevention 11」には、「Symantec Data Insight」の拡張機能が導入される予定。これは、大きなリスクにさらされているデータの所在を特定し、そのデータの所有者に自動的に通知することによって、機密ファイルの対処を簡素化するもの。新しいリスクスコア機能により、フォルダへのアクセスだけでなく、格納されているデータ量と機密レベルに基づいて、対処の優先度がフォルダに設定される。また、新しいデータ所有者への通知機能により、共有ストレージでリスクにさらされているデータの所有者に電子メールで自動的に警告を送信する。これにより、データのセキュリティ意識の向上とセキュリティ保護を簡単に実現できるため、組織のデータ保護計画の有効性が向上する。

同製品には、「Vector Machine Learning(ベクトル機械学習)」機能が装備される(なお同機能の日本語対応は今後検討の予定)。Vector Machine Learningとは、見つけ出すのが難しい知的財産を簡単に検出する技術。さらに、Data Insightの新しい拡張機能やエンドポイントでのセキュリティ対策の強化により、情報漏えい対策プロセスの効率と効果が向上する。

同製品は2011年前半に提供される予定。


シマンテック
http://www.symantec.com/ja/jp/

 

関連記事

シマンテック、知的財産の検出と保護を簡素化する「Symantec Data Loss Prevention 11」を発表シマンテックは2011年1月25日、企業の最も貴重な情報である知的財産の検出と保護の簡素化に重点を置いた「Symantec Data Loss Prevention 11」を発表した。

PAGE TOP