[技術解説]

次世代BIを支える5つの技術トレンド (Part 3)

2011年2月15日(火)

次世代BIを支える5つの技術トレンド BIの世界は数年前、メガベンダーによる大手BIベンダーの買収というビジネス的な大変動の時期を経た。 その後、各社における製品統合やポートフォリオの再編が進み、いったん落ち着くかに見えたBIの世界だが、 ここへ来て技術面における大きな転機を迎えつつある。

1990年代後半、ITアーキテクチャがC/S型から3層型に移行したことは、BIシステムに大きな影響を及ぼした。C/S時代、BIの活用は社内の一部パワーユーザーにとどまっていた。しかし、インターネットの登場により3層型のITアーキテクチャが主流になると、状況は一変した。それまでは潜在的でしかなかった、「パワーユーザー以外のすべての企業内ユーザーにBIシステムの利用を拡大する」というニーズが、現実的になったのだ。

2011年、このとき以来の技術革新がBIを次のステージに導こうとしている。具体的には、「DWHアプライアンス」「OSS(オープン・ソース・ソフトウェア)」「オンメモリーDB」「データマイニング」「クラウド」である。以下で詳しく見ていこう。

[DWHアプライアンスとBI]
性能向上に2つのアプローチ

BIに大きな影響を与えている第1の技術は、DWHアプライアンスだ。DWHアプライアンスとは、ハードウェアとソフトウェアを一体化し、DWH用途向けに機能・性能を最適化した製品を指す。

DWHアプライアンスは、製品の構成によって大きく2つに分類できる。1つは、汎用的なRDBを特定のハードウェアと組み合わせ、DWH用途にチューニングして提供する製品だ。「Oracle Exadata」を例に、その仕組みを見てみよう。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

次世代BIを支える5つの技術トレンド (Part 3)次世代BIを支える5つの技術トレンド BIの世界は数年前、メガベンダーによる大手BIベンダーの買収というビジネス的な大変動の時期を経た。 その後、各社における製品統合やポートフォリオの再編が進み、いったん落ち着くかに見えたBIの世界だが、 ここへ来て技術面における大きな転機を迎えつつある。

PAGE TOP