[新製品・サービス]

ドコモ、モバイルワーカー向けクラウド型サービス「モバイルセキュアデスクトップ」を提供開始

2011年2月15日(火)

NTTドコモは2011年2月14日、情報漏洩リスクを抑えつつ、外出先でもパソコンやタブレット端末を利用して業務が行える、モバイルワーカー向けクラウド型サービス「モバイルセキュアデスクトップ」を、2011年2月17日より提供開始すると発表した。

「モバイルセキュアデスクトップ」はドコモのデータセンターに構築されたユーザーのデスクトップ環境を、手元のクライアント端末から利用できる、クラウド型仮想デスクトップサービス。クライアント端末にデータを保存する必要がないため、情報漏洩リスクを抑えつつ、外出先や会社などから、どこでも同じデスクトップ環境が利用できる。

同サービスの特長は以下のとおり。

  1. 情報漏洩対策が充実
    デスクトップ環境で扱うデータはドコモのデータセンターにあり、クライアント端末には保存されない。さらに、万が一クライアント端末の盗難や紛失が発生した場合も、クライアント端末からデータセンターへの接続を遠隔でロックできるため、情報漏洩を防止することが可能。
  2. 快適な動作を実現
    モバイル環境での利用を考慮し、ネットワークが狭帯域の場合もサクサク動作する快適な操作性を実現。また、ログイン時にアカウントとパスワードを入力するだけで自動的にVPNへ接続されるので、複雑な接続手順を必要とせず、簡単にサービスを利用できる。
  3. ビジネスに必要なアプリケーションを標準搭載
    使い慣れたOS「Windows」をはじめ、Officeやメールソフトなどビジネスで必要な機能を標準搭載。またウィルス対策にも対応しているので、安心して利用できる。
  4. 低コストで1アカウントから導入が可能
    専用のサーバーを設置する必要がないため、イニシャルコストを抑えて、短期間で導入できる。アカウントの追加やオプションの変更は専用のWebサイトからオンラインで申込みが可能。

同サービスの利用料金は、初期費用が1アカウントあたり6,300円、「ビジネスプランバリュー」が同7,875円、「ビジネスプラン」が同1万500円、「エコノミープラン」が8,925円。接続回線にはFOMA、Xiが必要となる。

なお、同サービスを2011年5月31日までに利用開始したアカウントを対象に、導入にかかる事務手数料がキャンペーン価格(無料)となる。


NTTドコモ
http://www.nttdocomo.co.jp/

 

関連記事

ドコモ、モバイルワーカー向けクラウド型サービス「モバイルセキュアデスクトップ」を提供開始NTTドコモは2011年2月14日、情報漏洩リスクを抑えつつ、外出先でもパソコンやタブレット端末を利用して業務が行える、モバイルワーカー向けクラウド型サービス「モバイルセキュアデスクトップ」を、2011年2月17日より提供開始すると発表した。

PAGE TOP