[新製品・サービス]

NECネクサ、コンタクトセンター支援システム「BusinessView/Light」を販売開始

2011年2月25日(金)

NECネクサソリューションズは、約200社への導入実績を持つ同社のコンタクトセンター支援システム「BusinessView」(ビジネスビュー)をベースに、導入コストを抑え、短期間でのシステム導入を可能にする「BusinessView/Light」(ビジネスビュー・ライト)の販売を2011年2月24日より開始した。

今回、国内中堅企業・団体向けに発表された「BusinessView/Light」は、顧客から届く意見や要望を蓄積し、業務改善・商品開発等に役立てることを目的とする「お客様の声ソリューション」。お客様相談室・サポートセンター・総合案内窓口など、顧客や住民とのコンタクトがある部門での利用を想定したもの。

パッケージソフトに加え、導入(インストール)に関わる作業・操作教育をパックにし、パッケージソフトの機能を絞るとともに、クライアント数を固定することにより、システム導入コストを抑えられるという。

同システムでは、以下のような機能により、「お客様の声」の管理と活用が行える。

  1. 受付履歴を残す
  2. FAQなど知識情報を検索し回答に役立てる
  3. 回答すべき仕掛かり一覧を管理する
  4. 蓄積された声を集計し改善に役立てる

主な特徴は以下のとおり。

  • ・パッケージシステムと導入作業を低価格で提供可能
  • システム導入期間が約1カ月と、短期間での立ち上げが可能
  • 業種や業務ノウハウの蓄積されたBusinessViewのシステム機能の利用(一部機能差あり)
  • 食品メーカー・医薬メーカー・自治体総合案内・企業内ヘルプデスクなど、業種や業務に合わせた入出力項目の選択が可能

BusinessView/Lightの価格は200万円。この価格には、以下の内容が含まれる。

  • 5クライアントライセンス(1サーバー)(ライセンス追加は不可)
  • 初期導入費用:サーバーインストール、画面項目名変更、操作教育

BusinessView/Lightの主な機能、およびBusinessViewとの違いは以下のとおり。

■ 基本機能

  1.  「問い合わせ」・「ご意見」など、受付内容と回答を履歴として登録
  2. メールによる受付と返信
  3.  事前にマスタ登録したFAQや各種マニュアル等の知識情報の参照
  4.  自己で回答できない場合の他部門への業務依頼
  5.  未回答の仕掛かり受付用件の管理
  6. Microsoft Wordと連携した受付票の印刷と受付票のフォームの追加作成

■ 管理者機能

  1. システム利用者全員の状況確認(受付件数や仕掛かり件数の把握)
  2. 問い合わせメールの任意の受付者への分配(作業指示)
  3. 約束時間や規定件数に達した場合のアラート設定
  4. 受付者が病欠などの場合、仕掛かり用件の他の受付者への振り替え(オーナーの切り替え)
  5. 受付履歴からMicrosoft Excelのピボットテーブルを利用した日報/月報等約15種類の帳表とグラフを提供

■BusinessViewとの違い
BusinessView/Lightは、BusinessViewから機能や導入手順を簡略化し、低価格/短納期での導入を可能とした。そのため以下のような前提条件での販売となる。

  • カスタマイズ:非対応(項目名変更や非表示など画面上の変更は可能)
  • CTI連携オプション:なし
  • ライセンス数:固定

既存システムとの連携など、カスタマイズや6席以上の利用が必須要件である場合は、BusinessViewにおいて個別の提案が可能とのこと。


「BusinessView/Light」
http://www.nec-nexs.com/sl/sol/crmsfa_businessview3.html

NECネクサソリューションズ
http://www.nec-nexs.com/

 

関連記事

NECネクサ、コンタクトセンター支援システム「BusinessView/Light」を販売開始NECネクサソリューションズは、約200社への導入実績を持つ同社のコンタクトセンター支援システム「BusinessView」(ビジネスビュー)をベースに、導入コストを抑え、短期間でのシステム導入を可能にする「BusinessView/Light」(ビジネスビュー・ライト)の販売を2011年2月24日より開始した。

PAGE TOP