[新製品・サービス]

パロアルトがファイアウォールに新OS、モバイルPCのネット経路を制御など

2011年3月2日(水)

パロアルトネットワークスは2011年3月2日、ファイアウォール機器「PAシリーズ」の新OS「PAN-OS 4.0」を出荷した。新版では、モバイルPCからのインターネット接続をPAシリーズが必ず仲介するための仕掛けをオプションで用意したほか、各種の機能拡張を施した。開発会社は、米Palo Alto Networks。

同社製ファイアウォールの特徴は、IPアドレス/ポート番号による古典的なアクセス制御に加え、アプリケーションの識別(App-ID)、ユーザーの識別(User-ID)、コンテンツ内容の走査(Content-ID)など、細かなアクセス制御を実施する点。これにより、アクセス制御をバイパスするように開発されたアプリケーション(HTTPプロキシ/トンネル経由で通信するソフトなど)も制御できる。

モバイルPCの接続先をPAシリーズに強制固定

新OSでは、オプションで、モバイルPCからのインターネット接続を必ずPAシリーズが仲介するようにする仕掛け「GlobalProtect」を用意した。モバイルPCが社外ネットワークにつながると、モバイルPC(Windows)上で稼働する専用のエージェントが、あて先のPAシリーズにSSL-VPN接続する仕組み。PAシリーズは、SSL-VPNゲートウエイ機能と、ポータル機能のいずれか、または両方を提供する。エージェントは、ポータルにアクセスすることで、接続先のゲートウエイのリストを入手する。

このほか、新OSでは、各種の機能を強化した。App-IDでは、カスタマイズによって、自社開発アプリケーションなど、任意のアプリケーションを識別できるようにした。アクセス制御では、送信者/あて先IPアドレスが所属する国をデータベース管理することで、国別のアクセス制御を可能にした。マルウエア対策では、Webアクセス時のファイル転送イベントをユーザーに通知する機能を付与した。

ハイエンド機「PA-5000シリーズ」を追加、スループットは20Gbps

PAN-OSの新版に合わせ、新たにハイエンド・シリーズとなる「PA-5000シリーズ」3機種も出荷した。ハイエンド機「PA-5060」のスループットは20Gビット/秒であり、既存のハイエンド機「PA-4060」(10Gビット/秒)の2倍となる。PA-5000シリーズ3機種の大きさは、PA-4000シリーズ同様、2Uラックマウント大。

PAシリーズの標準価格は、最エントリ機「PA-500」で93万6000円(税別)。今回新たに出荷を開始したハイエンド・シリーズ「PA-5000」の場合は、エントリ機「PA-5020」で700万円台後半となる。国内の販売代理店は4社で、住商情報システム、テクマトリックス、ネットワンシステムズ、日立ソリューションズ(旧日立システムアンドサービス)。

関連記事

パロアルトがファイアウォールに新OS、モバイルPCのネット経路を制御などパロアルトネットワークスは2011年3月2日、ファイアウォール機器「PAシリーズ」の新OS「PAN-OS 4.0」を出荷した。新版では、モバイルPCからのインターネット接続をPAシリーズが必ず仲介するための仕掛けをオプションで用意したほか、各種の機能拡張を施した。開発会社は、米Palo Alto Networks。

PAGE TOP