[イベントレポート]

受託ソフト業もセカンドステージへ クラウド時代に生き残るヒント

2011年3月10日(木)

情報システムについて、「クラウドに向けたセカンドステージ」が迫られているのはユーザー企業だけではない。システムを構築し、運用するサービスを提供しているITベンダーも、好むと好まざるとにかかわらずセカンドステージに足を踏み入れざるを得ないのだ。なぜかといえば、クラウド・コンピューティングが本格的に普及すると、ソフトウェアの価格は限りなく低下していくからだ。

ITベンダーが、定価12万円のソフトウェア・パッケージの機能をインターネット経由で月額利用料500円で提供するモデルを想定しよう。ASP/SaaS、いわゆる“チャリンチャリン”モデルだ。200件のユーザーを獲得できればパッケージ10本が売れたのと同じことになるのだが、遅かれ早けれライバル製品と料金競争が始まるだろう。クラウドモデルでは利用料金だけでない、プラスアルファの競争力が必須となるのは言を俟たない。

一方、クラウドが普及してもエンタープライズ系のシステム開発はなくなるわけではない。だが、いくつかのアプリケーションを個別に開発する仕事は消滅するだろう。自ずからソフトウェアの受託開発業務は減っていく。しかも受注価額はクラウドの利用料金に引きずられて、ますます下がっていく。多重取引の構造に依存して、人月単価方式で利益をあげるソフトウェア業の旧来のモデルは、一部で通用しなくなる。そのとき受託型ソフトウェア業はどうするのか。

ITサービス業の株式公開企業は何社?

ここで直近のITサービス業の状況を確認しておこう。確認するまでもない、と仰る向きもあるだろうが、半ば興味本位で目を通していただきたい。

株式を公開しているB2Bのソフト/サービス業に占める3月期決算企業のウエイトが高いのは他業種と同様である。このため3月期決算を見れば、おおよその業界の動向を探ることができるのは確かだ。さらに精度を高める上で、3月期決算以外の企業を加えた直近6カ月の業績はどうだったのだろうか。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

受託ソフト業もセカンドステージへ クラウド時代に生き残るヒント情報システムについて、「クラウドに向けたセカンドステージ」が迫られているのはユーザー企業だけではない。システムを構築し、運用するサービスを提供しているITベンダーも、好むと好まざるとにかかわらずセカンドステージに足を踏み入れざるを得ないのだ。なぜかといえば、クラウド・コンピューティングが本格的に普及すると、ソフトウェアの価格は限りなく低下していくからだ。

PAGE TOP