[技術解説]

主要ストレージ一覧 (Part 7)

2011年4月26日(火)

統合管理と細かなムダ取りに工夫 ミッドレンジ機の機能拡張が目立つ 仮想化や自動階層化、重複排除など、前パートまでに取り上げた技術を実装するストレージが増えてきた。基本的なコンセプトは同じでも、そこには製品ごとに細かな工夫が見られる。主要なストレージの特徴をチェックする。折川 忠弘(編集部)

ストレージの利用効率を少しでも高める一方で、運用に伴う作業負荷は可能な限り減らしたい─。こうしたニーズに応えるため、ベンダー各社は自動階層化などの最新技術を積極的に投入している。当初は、一部のハイエンド機にのみ実装されていた機能も、ここにきてミッドレンジ機に広がりつつある。主にバックアップ用途で注目を集めている重複排除技術も多くの製品に取り入られるようになった。ディスクの価格下落も相まって、比較的安価な投資で最新技術を利用できる環境が整ってきた。

本パートでは、ハイエンド向け、ミッドレンジ向け、バックアップ向けの3カテゴリーで、主要なストレージ製品の概要を見ていく(表7-1、表7-2、表7-3を参照)。

表7-1 自動階層化機能を備えるハイエンド向けストレージ一覧
表7-1 自動階層化機能を備えるハイエンド向けストレージ一覧(画像をクリックで拡大)
表7-2 自動階層化機能を備えるミッドレンジ向けストレージ一覧
表7-2 自動階層化機能を備えるミッドレンジ向けストレージ一覧(画像をクリックで拡大)
表7-3 重複排除機能を備えるストレージ一覧
表7-3 重複排除機能を備えるストレージ一覧(画像をクリックで拡大)

ハイエンド向けストレージ
自動階層化の独自色強まる

速度や容量あたりのコストなどで保存先となるディスク群をレイヤー分けしておき、データの価値に応じて最適な場所に保存する。各社が実装する階層化の仕組みは、この基本的な考えにおいて大きな差異はない。保存時のデータの粒度や対象とするディスクの種別などに各社の工夫がある。

EMCジャパンの「EMC Symmetrix VMAX」は、データ配置の最適化を図る機能「FAST VP」が特徴的だ。データの利用頻度を割り出す際には、データブロックを8MB単位に分割して分析。3500以上のアプリケーション情報も参照して適切な保存先を決定する。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

主要ストレージ一覧 (Part 7) 統合管理と細かなムダ取りに工夫 ミッドレンジ機の機能拡張が目立つ 仮想化や自動階層化、重複排除など、前パートまでに取り上げた技術を実装するストレージが増えてきた。基本的なコンセプトは同じでも、そこには製品ごとに細かな工夫が見られる。主要なストレージの特徴をチェックする。折川 忠弘(編集部)

PAGE TOP