アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

Pao@Office、PHPライブラリ版のバーコード画像生成ソフト

2011年3月30日(水)

パオ・アット・オフィス(Pao@Office)は2011年3月30日、PHPアプリケーションからバーコード画像を生成するライブラリ「Barcode.php Ver1.0」を出荷した。バーコードを簡単に生成できるようになる。価格は、税込み9450円。

Barcode.phpは、PHPで記述したPHPのクラス・ライブラリとして実装した、バーコード生成用のソフトウエア部品。PHPで開発したWebアプリケーション上で、容易にバーコード画像を作成できる。

同社はこれまで、各種プラットフォーム用にバーコード生成部品を提供してきた。2002年10月には.NET Framework用ライブラリ、2006年7月にはJava用ライブラリ、2011年11月にはActiveXコントロール版を出荷。今回、PHPライブラリを追加した。

稼働環境はPHP 5。前提として画像生成用にGDライブラリが必要。Barcode.phpの価格は、1開発ライセンス(Barcode.phpを使って開発するパソコン1台)が税込み9450円、ランタイム・ライセンスは無償。

試用版も用意した。Linuxと一緒に固めたVMware Playerイメージの形で同社サイトからダウンロードできる。ただし、試用版ではBarcode.phpのソース・コードが暗号化されている。

生成可能なバーコードは、以下の通り。

  • JANコード
  • JAN13(EAN13)
  • JAN8(EAN8)
  • インターリーブド(Interleaved) 2of5(ITF)
  • Matrix 2of5
  • NEC 2of5(COOP 2of5)
  • NW7(Codebar)
  • Code39
  • Code128
  • UCC/EAN128
  • 郵便カスタマバーコード
  • QRコード
  • 標準料金代理収納用バーコード(コンビニバーコード)
写真1 Barcode.phpからGDライブラリを使って生成したバーコード画像
写真1 Barcode.phpからGDライブラリを使って生成したバーコード画像
関連記事

Pao@Office、PHPライブラリ版のバーコード画像生成ソフトパオ・アット・オフィス(Pao@Office)は2011年3月30日、PHPアプリケーションからバーコード画像を生成するライブラリ「Barcode.php Ver1.0」を出荷した。バーコードを簡単に生成できるようになる。価格は、税込み9450円。

PAGE TOP