[新製品・サービス]

IIJ、Webサーバーへのアクセスを自動的に振り分ける「IIJ広域負荷分散サービス」

2011年4月6日(水)

インターネットイニシアティブ(IIJ)は2011年4月5日、顧客Webサーバーの稼働状況に応じてアクセス先を自動的に振り分け、Webサイトの安定稼働を支援する「IIJ広域負荷分散サービス」を2011年5月より提供開始すると発表した。

同サービスでは、事前に登録されたWebサーバーをIIJのシステム上で常時監視し、その結果をもとに、ポリシーに従ってアクセス先を自動的に振り分け、負荷分散を行う。サービスの主な特徴は以下のとおり。

  • Webサーバーの設置場所を問わない監視と、バックアップサイトの構築が可能
    IIJの負荷分散システムがWebサーバーを常時監視し、メインサーバーがダウンした場合は、アクセス先を自動的に予備サーバーへ振り分ける。監視は、国内だけでなく国外に設置したWebサーバーでも可能で、首都圏と関西など、物理的に離れたロケーション間で、手軽にバックアップサイトを運営できる。
  • Webサーバーの稼働状況に合わせた振り分け設定
    複数用意されたWebサーバーに対し、状況に応じて自動的にアクセスを分散させることが可能。分散方法として、登録されたすべてのサーバーに対し均等に振り分ける「ラウンドロビン方式」、サーバーごとに設定された割合に従って振り分ける「レシオ方式」から選択できる。複数のWebサーバー情報をあらかじめ登録しておくことで、突発的なアクセス集中時にもサーバーへのトラフィックを分散できるなど、Webサイトの可用性を高めることが可能。
  • IIJ GIOと組み合わせてサイトの閲覧不可を回避
    同社のクラウドサービス「IIJ GIOサービス」を利用したWebサーバーと組み合わせることで、メインサーバーの障害時に「メンテナンス中」といったページを自動表示させることができる。それにより、ディザスタリカバリまでは不要だが、閲覧不可だけは防ぎたい、という顧客のニーズにも対応可能。
  • 専用のWeb画面による集中管理
    監視対象のWebサーバーのIPアドレス登録、アクセス先振り分け方法などの設定、サイトの稼働状況、システムログなどの確認を、すべて専用のWeb画面上から手軽に行える。

Webサイトの冗長化やバックアップサイトの構築運営には多額の費用と専門知識が必要になる一方で、ユーザーは、サイトの閲覧に数秒以上かかると他のページに移動してしまうと言われ、顧客サービス・情報提供の継続性や、Webサイトの可用性とパフォーマンスが求められている。同社は広域負荷分散サービスの提供を通して、これらの課題を解決し、止められないWebサイトを運営する企業に対し、最適な基盤を提供するとしている。

同サービスの料金(すべて税別)は以下のとおり。

<初期費用>

  • 5万円

<月額費用>

  • 基本機能:5万円(1 FQDN および 5 IPアドレスを含む)
  • IPアドレス追加…5 IPアドレス:1万円、10 IPアドレス:1万5,000円、15 IPアドレス:2万円
  • カスタム監視…5項目:1万5,000円、10項目:3万円、15項目:4万5,000円 


インターネットイニシアティブ
http://www.iij.ad.jp/index.html

関連記事

IIJ、Webサーバーへのアクセスを自動的に振り分ける「IIJ広域負荷分散サービス」インターネットイニシアティブ(IIJ)は2011年4月5日、顧客Webサーバーの稼働状況に応じてアクセス先を自動的に振り分け、Webサイトの安定稼働を支援する「IIJ広域負荷分散サービス」を2011年5月より提供開始すると発表した。

PAGE TOP