[新製品・サービス]

日本ベリサイン、社外から社内へアクセスするための追加認証サービスを半額で提供

2011年4月10日(日)

日本ベリサインは、ワンタイムパスワードによる企業向けリモートアクセスの追加認証サービス「ベリサイン アイデンティティ プロテクション エンタープライズ ゲートウェイ」を、2011年4月8日から10月31日まで、初期費用とライセンス費用を半額で提供すると発表した。

同サービスは、ユーザーIDとワンタイムパスワードの認証プロセスを、ベリサインのデータセンター内のVIPネットワーク(クラウドから提供)で行う、企業向けリモートアクセスの追加認証サービスで、社外から社内へ安全にアクセスするための機能を提供する。同サービスを導入することで、自社内での認証システムの構築、運用・管理が不要となり、短期間での導入やランニングコストの削減が可能になるというもの。

発表によれば、震災の影響もあり多くの企業で在宅勤務などリモートによる社内インフラへのアクセスが検討されているが、それにはパスワードの盗難や「なりすまし」など、社外からの企業ネットワーク接続にともなうリスクへの対策が必要で、アクセス時の認証セキュリティが重要となる。同社米国での調査では、50%以上の企業がPCから企業LANへのリモートアクセスを社員に許可している一方で、企業ネットワークへのアクセスに二要素認証などの高度認証を備えている企業は30%にとどまり、また54%もの企業が、昨年1年間にデータ漏洩を経験していることが判明しているという。

今回のサービスの概要は以下のとおり。

  • 対象製品:「ベリサイン アイデンティティ プロテクション エンタープライズ ゲートウェイ」
  • 特別価格内容:初期設定費用およびライセンス費用のそれぞれ半額の料金で提供
  • 対象ユーザー数:500ライセンス未満
  • 対象受注期間:2011年10月31日まで
    ※特別価格による複数年の契約は3年まで可能で、更新時以降は通常定価になる。

同社では、リモートアクセス時に求められる高度な認証技術を利用しやすくすることで、企業のビジネス継続をサポートするとしている。


調査結果についての資料
http://www.verisign.co.jp/safe

サービス問い合わせフォーム
https://www.verisign.co.jp/cgi-bin/mf.cgi?n=vip

日本ベリサイン
https://www.verisign.co.jp/

関連記事

日本ベリサイン、社外から社内へアクセスするための追加認証サービスを半額で提供日本ベリサインは、ワンタイムパスワードによる企業向けリモートアクセスの追加認証サービス「ベリサイン アイデンティティ プロテクション エンタープライズ ゲートウェイ」を、2011年4月8日から10月31日まで、初期費用とライセンス費用を半額で提供すると発表した。

PAGE TOP