[新製品・サービス]

日本IBM、BigData向けにHadoop構築ソフト「BigInsights」とCEP「Streams」新版

2011年5月23日(月)

 日本IBMは2011年5月23日、Hadoopを用いた分散バッチ処理システムを構築・運用するためのソフト「InfoSphere BigInsights Enterprise Edition V1.1」と、CEP/ストリーム処理ソフトの新版「InfoSphere Streams V2.0」を発表した。出荷時期と価格は、BigInsightsが2011年5月27日で、1Tバイトあたり285万円(税別)から。Streams新版が2011年5月24日で、1コアあたり464万円(税別)から。

BigInsightsとStreamsは、大量データを高速に処理することを狙ったソフト。同社のデータベース関連ソフト製品群「InfoSphere」を構成する。業務の現場において短い間隔で大量に生成される、非構造化データを含む多様化したデータを、短時間で処理できるようにする。これらにより、「検針メーターの読み取り処理を月次から15分毎に変更するなど、今までできなかったことが実現できる」(日本IBM)。

ソフトの1つ、新製品のBigInsightsは、分散バッチ処理ソフト「Apache Hadoop」を用いたシステムを構築・運用しやすくするソフト。Hadoopクラスタを構成するためのインストーラ機能や管理コンソール、Hadoop独自の情報処理プロセスを扱いやすくするOSSツール群(Jaql、Pig、Hive、その他)、Eclipseベースの統合開発環境、などを提供する。有償の基本エディション「Enterprise Edition」では、ジョブ・スケジューラやワークフロー・エンジンなども備える。

Enterprise Editionの価格は、処理データ量に応じて変わり、1Tバイトあたり285万円(税別)から。これとは別に、機能を省略し、処理データ量を10Tバイトまでに制限した無償版「Basic Edition」も用意した。

ソフトの1つ、新バージョンのStreamsは、ストリーム・コンピューティング/CEP(複合イベント処理)ソフト。流れてくる(入力されてくる)データに現われる、データ同士の関連性などのイベントをリアルタイムに分析処理し、こうしたイベントに応じて業務ルールを逐次実行できる。証券/トレーディングなどの分野で多く使われている。

今回の新版では、ストリーム・コンピューティングのための専用プログラミング言語の構造を大幅に改善したことで、「処理速度を従来版との比較で3.5倍に高めた」(日本IBM)。また、PMML(Predictive Model Markup Language)を使ってデータ・マイニング(データの意味や関連性を抽出する行為)をかけられるようにした。

高速化による実証実験結果は、以下の通り。日本IBMによる実証実験では、1台のPCサーバーで、1秒あたり1000万件以上の通信ログを処理したとしている。また、東芝ソリューションが実施した稼働テストでは、証券業のアルゴリズム・トレーディングにおいて、1秒あたり平均6~7万件を処理したという。

価格は、1コアあたり464万円(税別)から。開発者ライセンスは、1指名ユーザーあたり38万3100円(税別)。

関連記事

日本IBM、BigData向けにHadoop構築ソフト「BigInsights」とCEP「Streams」新版 日本IBMは2011年5月23日、Hadoopを用いた分散バッチ処理システムを構築・運用するためのソフト「InfoSphere BigInsights Enterprise Edition V1.1」と、CEP/ストリーム処理ソフトの新版「InfoSphere Streams V2.0」を発表した。出荷時期と価格は、BigInsightsが2011年5月27日で、1Tバイトあたり285万円(税別)から。Streams新版が2011年5月24日で、1コアあたり464万円(税別)から。

PAGE TOP