[新製品・サービス]

NTTデータ、シンクラ端末をレンタルできるDaaS(仮想デスクトップ環境)を開始

2011年5月27日(金)

 NTTデータは2011年5月27日、クラウド・サービス経由で提供するデスクトップPC環境「BizXaaS Office」を発表した。操作端末となるシンクライアントのレンタル・サービスを用意して、初期導入費用を抑えた。5月30日から提供する。価格は、仮想PC型で1ユーザー月額3400円(税別)から、など。

 BizXaaS Officeは、DaaS(Desktop as a Service)。仮想化ソフトなどを用いて実現したデスクトップPC環境を、シンクライアント(画面情報端末)経由で利用する。ミドルウエアとしては、VMware製品やCitrix XenDesktopを利用する。シンクライアントとしては、ICAまたはRDPプロトコルを用いる一般的なものを利用できる。

 特徴は、シンクライアントのレンタル・サービスを用意したこと。レンタル価格は非公開だが、シンクライアント端末を購入する場合と比べて、初期導入費用を抑えられる。レンタル用に用意した端末ベンダーは、日本ヒューレット・パッカードとワイズテクノロジーで、今後増やす。端末は、ボックス型とノートPC型の両方を用意した。

 デスクトップの形態に応じて、2種類のサービス契約形態を用意した。(1)「仮想PC型」は、ユーザーごとに独立したデスクトップ機を提供する。(2)「サーバ共有型」(Citrix XenAppを使用)は、Windows Server上で動作する業務アプリケーションを、複数ユーザーで共有する。いずれの形態であっても、シンクライアント・プロトコルには、ICA/RDPの両方を利用できる。

 価格体系は、以下の通り。(1)仮想PC型は、1ユーザーあたり、月額3400円(1000ユーザー利用時)から。(2)サーバ共有型は、1ユーザーあたり、月額2125円(1000ユーザー利用、同時利用率40%の場合)から。

 なお、今後、BizXaaS Officeブランドのサービスとして、Exchange ServerやSharePoint Serverなど、Microsoft製品を用いたオフィス系コミュニケーション・サービスを、2012年3月までに順次提供する。

関連記事

NTTデータ、シンクラ端末をレンタルできるDaaS(仮想デスクトップ環境)を開始 NTTデータは2011年5月27日、クラウド・サービス経由で提供するデスクトップPC環境「BizXaaS Office」を発表した。操作端末となるシンクライアントのレンタル・サービスを用意して、初期導入費用を抑えた。5月30日から提供する。価格は、仮想PC型で1ユーザー月額3400円(税別)から、など。

PAGE TOP