[新製品・サービス]

日本IBM、仮想サーバーのデプロイ製品に新版、特定用途ごとのテンプレを用意

2011年6月14日(火)

 日本IBMは2011年6月14日、Javaアプリケーション・サーバーを仮想環境にデプロイ(配信)する運用管理製品の新版「IBM Workload Deployer V3.0」(旧称はWebSphere CloudBurst Appliance)を発表した。今回から新たに、配信するサーバー環境を特定用途向けにパターン化したテンプレートを、オプションとして用意した。2011年6月16日に出荷する。価格は、886万6000円(税別)。

 Workload Deployerは、プライベート・クラウド(サーバー仮想化環境)の構築・運用を支援する製品。アプリケーションを導入済みの仮想サーバー機(仮想アプライアンス)を他のサーバー仮想化環境に配信して、アプリケーション環境を構築する。この機能をPCサーバー機に導入したハードウエア・アプライアンスとして提供する。管理者は、あらかじめサーバーのアプリケーション構成やパラメータ設定を施しておくことで、サーバー環境の構築を自動化できる。

 新版では、配信する仮想アプライアンスの構成として、特定の用途に必要なソフトウエア構成をパターン化したテンプレートを別売オプションとして用意し、これを運用できるようにした。パターンを導入すると、必要なソフトウエア一式が得られるほか、監視やパッチ適用、ログ管理など、導入後の運用管理全般を専用のGUI画面で一元管理できる。

 Workload Deployer V3.0の出荷にあわせて用意したパターンは2つある。(1)Webアプリケーション・サーバー向けのパターン「IBM Workload Deployer Pattern for Web Applications V1.0」と、(2)データベース・サーバー向けのパターン「IBM Workload Deployer Pattern for DB2 Workgroup Server Edition V1.0」である。

 (1)Workload Deployer Pattern for Web Applicationsは、Javaアプリケーション・サーバーの導入と設定に加えて、Webアプリケーションの実運用時に必要となるデータ・キャッシュ製品やLDAPサーバー製品などのミドルウエアをパッケージ化している。なお、同パターンを適用した場合、システム負荷の増減に応じてWebアプリケーション・サーバーの台数を動的に増減する機能が利用できる。

 (2)Workload Deployer Pattern for DB2は、データベース環境を構築する。必要なデータ量を指定するだけで、開発環境や本番環境など用途に応じて最適な設定を自動的に構成するとしている。

 価格は、アプライアンス本体のWorkload Deployerが、886万6000円(税別)。Webアプリケーション実行基盤のパターンであるWorkload Deployer Pattern for Web Applicationsが、CPU能力ベースで、一般的な100PVUあたり287万5000円(税別)。データベース環境向けのパターンであるWorkload Deployer Pattern for DB2 Workgroup Server Editionが、100PVUあたり148万2000円(税別)。

関連記事

日本IBM、仮想サーバーのデプロイ製品に新版、特定用途ごとのテンプレを用意 日本IBMは2011年6月14日、Javaアプリケーション・サーバーを仮想環境にデプロイ(配信)する運用管理製品の新版「IBM Workload Deployer V3.0」(旧称はWebSphere CloudBurst Appliance)を発表した。今回から新たに、配信するサーバー環境を特定用途向けにパターン化したテンプレートを、オプションとして用意した。2011年6月16日に出荷する。価格は、886万6000円(税別)。

PAGE TOP