[海外動向]

【HP DISCOVER 2011】買収で加えた製品や技術を整理 アプライアンスにも注力

2011年6月30日(木)

クラウドやビッグデータといった情報システムの新しい潮流を支えるには、ハードとソフト、そして導入/運用ノウハウまで含めた総合力が重要になる。

2011年6月6日〜10日
米ラスベガス/米ヒューレット・パッカード

この状況を踏まえ、米HPは製品分野ごとに開催してきた年次イベントを統合。2011年6月、主にユーザー企業に向けた総合イベント、「HP DISCOVER 2011」を開催した。単にイベントを統合しただけではない。現在、世界的な規模で起こっている変化に対するHPの最新の「解」、つまりは具体的な対応策を示すのが目的である。相次ぐ買収によって複雑化したHPの製品ポートフォリオを整理して提示し、ユーザーの理解を深める狙いもある。以下、基調講演や製品戦略を見ていこう。

基調講演
製品群の充足を強調

写真1 米ヒューレット・パッカードのレオ・アポテカー社長兼最高経営責任者(CEO) 写真1 米ヒューレット・パッカードのレオ・アポテカー社長兼最高経営責任者(CEO)

基調講演のホスト役を務めたのは昨年10月にHPの最高経営責任者(CEO)に就任したレオ・アポテカー氏(前職は独SAPのCEO)。同氏はまず、「(TwitterやFacebookなど)企業と顧客とのコミュニケーション1つとってもこの1年に環境は大きく変わった。激動の時代に対処するにはITに対する考え方を根本から変え、ビジネスプロセスやITインフラを柔軟にすることが不可欠。それが大きな競争力になる」と述べ、それらを体現する組織体「Instant-On Enterprise」を目指すべきだと聴衆に訴えた。さらに「カギになるのがクラウド。既存システムを維持/高度化しつつ、プライベートやパブリックのクラウドを企業システムに取り込み、統合すべきだ」と続けた。

その上でオンプレミス/クラウドの統合支援サービス群「HP Hybrid Delivery」をすでに提供していることや、今後は統合管理ツールの拡充を進めることなどに言及。「HPは企業がクラウドを活用する上で必要な製品や技術すべてを提供する」と言い切った。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

【HP DISCOVER 2011】買収で加えた製品や技術を整理 アプライアンスにも注力クラウドやビッグデータといった情報システムの新しい潮流を支えるには、ハードとソフト、そして導入/運用ノウハウまで含めた総合力が重要になる。

PAGE TOP