[新製品・サービス]

営業とマーケティングの連携を実現するSaaS

2011年10月28日(金)

日本オラクル 日本オラクルは2011年7月21日、同社のSaaS型CRMアプリケーションである「Oracle CRM On Demand R19」を提供開始したと発表した。最新版は、iPad専用のアプリケーションを新たに用意するなどモバイル機能を強化したほか、大きく2つの新機能を実装した。

第1に、キャンペーン管理や顧客分析、メールによる販売促進といったマーケティング業務を支援するアプリケーション「Oracle CRM On Demand Marketing」を追加した。この機能は単体でも利用できるが、営業支援機能と連携させることで見込み客の発掘から訪問、提案、受注という営業サイクルを短縮させる効果を見込めるという。

ユーザーによる追加・拡張を容易にした点も、最新版の特徴だ。「Hosted CRM code」と呼ぶ新機能を追加。ユーザーがHTMLやJavaスクリプト、Flashといった言語で記述したソースコードを、サービス上に組み込めるようにした。これにより、オラクル製よりも使い勝手のよい画面をユーザー自身が開発する、といったことができるようになる。

利用料金は、1ユーザーあたり月額8560円から。(力竹)

関連記事

営業とマーケティングの連携を実現するSaaS 日本オラクル 日本オラクルは2011年7月21日、同社のSaaS型CRMアプリケーションである「Oracle CRM On Demand R19」を提供開始したと発表した。最新版は、iPad専用のアプリケーションを新たに用意するなどモバイル機能を強化したほか、大きく2つの新機能を実装した。

PAGE TOP