[海外動向]

米国最新クラウド事情Part 4

2011年11月22日(火)

アイデアの輪廻が創り出すユーザー起点の巨大エコシステム 米国シリコンバレーに身を置いていると、クラウドがまさに“秒進分歩”の勢いで進化していることを感じる。 単品での利用から、複数の組み合わせを前提とした各種サービスが目立ってきたのがトレンドだ。 多彩なプレーヤーが描こうとする巨大なエコシステムの最新事情をレポートする。

米国では今なお、多彩なクラウドプレーヤーが続々と登場している。エッジの利いたアイデアのみならず、技術力もサービス品質も激しい競争の中で磨きがかかり、クラウド市場はどんどん厚みを増している。

こうした動きを牽引しているのは新進気鋭のスタートアップ企業だ[node:4048,title="(パート2参照)",unavailable="(パート2参照)"]。これはという企業に対しては、ベンチャーキャピタル(VC)から巨額の投資が向けられる。米国ベンチャーキャピタル協会の調べによる2009〜2010年の投資水準をまとめたのが表4-1だ。2010年、クラウド関連に投じられた総額は7億1300万ドル。前年比で67.6%増と、高い伸びを示している。

表4-1 米国におけるクラウド分野へのベンチャーキャピタルの投資動向
表4-1 米国におけるクラウド分野へのベンチャーキャピタルの投資動向

多彩なプレーヤーが登場
群雄割拠は今後も続く

起業→VC受け入れ→株式公開(IPO)という図式がかつての主流だったが、ネットバブル崩壊後は極めて慎重になり、IPOに至るケース(表4-2)はさほど目立たない。その代わりに増えているのが大手ベンダーによる買収だ。それも、一定の顧客ベースを獲得する前の段階、例えばベータテストを展開中といった早期に触手を動かすケースが増加傾向にある。

表4-2 クラウド関連でIPOを果たした主要な企業
表4-2 クラウド関連でIPOを果たした主要な企業

大手ベンダーがクラウド市場での地歩固めを急ぐ中、自社に足りないピースを手早く埋めるために、虎視眈々と“種”を探していることが背景にある。相応のリターンを得たい投資サイドにしても、案件ごとに互恵関係をうまく描ける買収元を探すことに余念がない。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

米国最新クラウド事情Part 4 アイデアの輪廻が創り出すユーザー起点の巨大エコシステム 米国シリコンバレーに身を置いていると、クラウドがまさに“秒進分歩”の勢いで進化していることを感じる。 単品での利用から、複数の組み合わせを前提とした各種サービスが目立ってきたのがトレンドだ。 多彩なプレーヤーが描こうとする巨大なエコシステムの最新事情をレポートする。

PAGE TOP