[ザ・プロジェクト]

20年間使い続けられるシステムへJavaの大規模基幹系をバージョンアップ【JFEスチール】

2011年11月9日(水)

2006年に脚光を浴びた挑戦的な情報システムがある。2000万ステップにおよぶアプリケーションを、ほぼゼロからJavaで開発したJFEスチールの基幹系システムだ。あれから5年。同社は「20年間使い続けられるシステム」との目標を達成すべくJavaのバージョンアップを敢行。この6月に完了した。 聞き手は本誌副編集長・川上 潤司 Photo:乾 芳江

原田 敬太 氏
原田 敬太 氏
JFEスチール IT改革推進部長
1982年4月、川崎製鉄に入社。同社の水島製鉄所システム室長を務める。日本鋼管との合併で2003年4月にJFEスチールが誕生した後、IT改革推進部基盤グループ長として基幹系システムの統合プロジェクトに参画。リーダーとして新基幹系システム「J-Smile」のインフラ設計や構築をけん引してきた。2011年4月より現職


和泉 光雄 氏
和泉 光雄 氏
JFEシステムズ 東京事業所 販生流システム開発部 基盤グループ 主任部員(主席課長)
1991年4月、川鉄システム開発(現在のJFEシステムズ)に入社。関西事業所のシステム技術グループにて、川崎製鉄の本社ホストコンピュータの運用維持や技術分野の業務に従事する。2005年9月から現職。現在は日本鋼管と川崎製鉄の合併で2003年4月に誕生したJFEスチールの新基幹系システム「J-Smile」の情報基盤を所管している


和泉 光雄 氏
津留 真輔 氏
JFEシステムズ 東京事業所 販生流システム開発部 基盤グループ 主任部員
2001年4月、エヌ・ケー・エクサ(現在のエクサ)に入社。日本鋼管と川崎製鉄の合併でJFEスチールが誕生したのを受け、新基幹系システム「J-Smile」のシステム間連携基盤の開発を担当する。JFEシステムズがエクサから一部事業を承継したのに伴い、2011年4月にJFEシステムズに転籍。J-Smileの基盤の開発・維持に従事している


─ かつて話題を呼んだJavaの大規模システムをバージョンアップしたそうですね。プロジェクトの話の前に、改めてシステムの概略をうかがえますか。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

20年間使い続けられるシステムへJavaの大規模基幹系をバージョンアップ【JFEスチール】 2006年に脚光を浴びた挑戦的な情報システムがある。2000万ステップにおよぶアプリケーションを、ほぼゼロからJavaで開発したJFEスチールの基幹系システムだ。あれから5年。同社は「20年間使い続けられるシステム」との目標を達成すべくJavaのバージョンアップを敢行。この6月に完了した。 聞き手は本誌副編集長・川上 潤司 Photo:乾 芳江

PAGE TOP