[イベントレポート]

日本の復興モデルを福島から発信 ITで支える「豊かな社会」を世界に提示

2011年11月10日(木)

3月11日に発生した東日本大震災は多くの犠牲者と避難生活者を生み、国民全員にこれからの日本のあり方を考え直させる戦後最大の出来事となった。復興に向けた施策をどう描くか。そこには、さらに価値ある日本を創造するための「システムデザインの視点」が欠かせない

会津若松市、会津大学、アクセンチュアの3者は2011年7月26日、震災復興案を協議策定に向けて、共同で活動を開始することを発表した。

復興施策の策定に際しては、市民・県民の方々の状況や長く受け継がれた歴史や文化を最大限考慮しつつ、将来的に成長の見込める産業を積極的に振興させて雇用を創出させることで、豊かさと幸せを両立できることを念頭に置いた。また、会津若松市にとどまらず、県全体の復興計画にも盛り込まれることも視野に入れた。

さらに価値ある日本の創造へ

読者の皆さんは「金継ぎ」(きんつぎ)という言葉をご存じだろうか。これは、壊れた器を漆で接着し、継ぎ目を金で覆う伝統的修復技法を指す。原型に戻すだけではなく、以前よりも価値があるものとして蘇らせるのだ。

福島県の伝統工芸として会津漆器は多くが知るところだが、震災からの復興も、漆塗りで培われた匠の技と同様の価値観で臨む必要がある。復興を成長戦略ととらえ、さらに価値ある日本を創造することを目指す。「会津の漆で福島を、そして日本を金継ぎする」─。3者は思いを1つにした。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

日本の復興モデルを福島から発信 ITで支える「豊かな社会」を世界に提示 3月11日に発生した東日本大震災は多くの犠牲者と避難生活者を生み、国民全員にこれからの日本のあり方を考え直させる戦後最大の出来事となった。復興に向けた施策をどう描くか。そこには、さらに価値ある日本を創造するための「システムデザインの視点」が欠かせない

PAGE TOP