[新製品・サービス]

ネットアップが中堅企業向けネットワークストレージの新モデルを発表

2011年11月9日(水)

ネットアップは2011年11月9日、中堅企業向けのストレージ新製品「FAS2240」の販売を開始した。ラインナップは2U筐体の「FAS2240-2」と4U筐体の「FAS2240-4」の2種類。参考価格は4Uシングル構成で179万円(税抜)から。

同製品はネットワークストレージ製品FASシリーズのエントリー機種として位置づけられるもの。価格改定を予定する従来機種「FAS 2040」と合わせて、低価格帯のラインナップが増えた。「利用者は自社のデータ容量に合わせて、従来よりもきめ細かい製品選択が可能になる」(米ネットアップ プラットフォーム&ストレージ担当シニアディレクター ラジ・ダス氏)。

「ユニファイドアーキテクチャ」と呼ばれるFASシリーズ共通設計を採用。シリーズ製品を追加するだけで利用中のストレージ容量を拡張できるため、将来的なデータ量の増加を気にすることなく、現在の自社の状況に合わせてスモールスタートを切ることができる。競合製品としてEMCのVNXe3300などを想定している。

FASシリーズでは管理ツールやオプションも全ラインナップで統一しており、FAS2240でも上位機種と同一の機能を利用できる。今回のリリースに合わせてシリーズ共通の管理ソフトウェア「OnCommand System Manager」をバージョンアップ。専任の管理者がいない中小企業で求められる「使いやすさ」に配慮したユーザーインタフェースに変更した。

同社では中堅企業市場の開拓を目指して、2011年前半から専任営業/SEチームを設置するとともに、11月1日には福岡支店を開設。地方での販売力強化も進めている。

関連記事

ネットアップが中堅企業向けネットワークストレージの新モデルを発表ネットアップは2011年11月9日、中堅企業向けのストレージ新製品「FAS2240」の販売を開始した。ラインナップは2U筐体の「FAS2240-2」と4U筐体の「FAS2240-4」の2種類。参考価格は4Uシングル構成で179万円(税抜)から。

PAGE TOP