[新製品・サービス]

自社製品の市場評価を複合的に監視・分析

2012年2月17日(金)

富士通/富士通中部システムズ 富士通と富士通中部システムズは2011年12月16日、市場に流通する自社商品に不具合が発生していないかどうかを分析するリスク管理ソフトウェア「QRMining」の販売を開始した。コンシューマ向け製品を製造するメーカーを主な対象とする。

政府が公開している消費者からの届け出情報や自社コールセンターに蓄積される消費者からのクレーム、ツイッターやブログなどのインターネット上の評価を複合的に分析し、自社製品の不具合を早期発見する。

データの分析には、富士通研究所が独自開発した「複合多系列分析技術」を使用。(1)テキストマイニングを用いてクレーム内容を抽出、(2)重大案件の予兆となるクレーム内容の特徴・変化を「機械学習技術」により学習・モデル化、(3)過去事例に基づく予測モデルに適用し、近い将来に問題に発展し得る案件を洗い出す、という3段階のプロセスをたどる。

価格は3万2000円/月から。 (緒方)

関連記事

自社製品の市場評価を複合的に監視・分析 富士通/富士通中部システムズ 富士通と富士通中部システムズは2011年12月16日、市場に流通する自社商品に不具合が発生していないかどうかを分析するリスク管理ソフトウェア「QRMining」の販売を開始した。コンシューマ向け製品を製造するメーカーを主な対象とする。

PAGE TOP