アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

グローバルで受発注や在庫管理機能を一元化

2012年2月28日(火)

富士通システムソリューションズ 富士通システムソリューションズは2011年12月20日、「WebSERVE smart 組立製造業販売管理ソリューション」を発表した。受発注や在庫、輸出入管理などの機能を標準で備える一方、顧客固有の機能を容易に追加できるセミオーダー式の提供形態を採る。

在庫管理業務を効率化し、過剰/不良在庫の削減を図る。複数倉庫の実在庫数や入荷予定在庫数を把握して引当在庫を割り出したり、在庫保管期間をもとに在庫数を適正化したりできる。日本語のほか英語と中国語に対応し、海外の倉庫も含めて在庫を一元管理することが可能だ。

「WebSERVE smart SOA」を用いることで、他のWebSERVE smartシリーズとの連携も可能。「WebSERVE smart ハイブリッド生産」や「同 債権・債務ソリューション」などと組み合わせて使用すれば、製造業に特化したERP環境を構築できる。

価格(税別)は5クライアント分を含む場合で400万円から。ハードウェアや導入サポートなどを含む標準的な導入モデルの場合で1500万円から。 (折川)

関連記事

グローバルで受発注や在庫管理機能を一元化 富士通システムソリューションズ 富士通システムソリューションズは2011年12月20日、「WebSERVE smart 組立製造業販売管理ソリューション」を発表した。受発注や在庫、輸出入管理などの機能を標準で備える一方、顧客固有の機能を容易に追加できるセミオーダー式の提供形態を採る。

PAGE TOP