[ザ・プロジェクト]

SAPから国産へと基幹系を全面移行 慣れ親しんだ情報系もクラウドへ【国際航業ホールディングス】

2012年2月15日(水)

1990年代末、SAP R/3のビッグバン型(複数機能一斉)導入で名を馳せた国際航業。13年を経て、それを富士通のGLOVIAなどに全面的に移行した。背景には、どんな理由と経緯があったのか。いっさいの遅れなく全システムの本格稼働を果たした2人のプロジェクト責任者に話を聞いた。 聞き手は本誌編集長・田口 潤 Photo:陶山 勉

米村 貢一 氏
米村 貢一 氏
国際航業ホールディングス 取締役管理本部長
1993年6月、国際航業に入社。主に財務、経営企画に従事し、2010年4月に国際航業ホールディングスの取締役管理本部長に就任。総務・人事・経理・財務を統括している


米村 貢一 氏
小山 規見 氏
国際航業ホールディングス IT統括室長 兼 情報センター長
1981年4月に国際航業に入社。主に生産部門での購買・業務・収益管理などの職務に従事し、2010年9月から国際航業ホールディングスIT統括室長として、国際航業グループの基幹システム系のマネージメントを担当している


─ 国際航業は独SAPのERPパッケージ「R/3」をビッグバン導入した先駆的なユーザーとして、大いに名前を上げました。

米村: 確かに1998年にフルモジュールを導入した当時は、国内初と言われていたかも知れません。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

SAPから国産へと基幹系を全面移行 慣れ親しんだ情報系もクラウドへ【国際航業ホールディングス】 1990年代末、SAP R/3のビッグバン型(複数機能一斉)導入で名を馳せた国際航業。13年を経て、それを富士通のGLOVIAなどに全面的に移行した。背景には、どんな理由と経緯があったのか。いっさいの遅れなく全システムの本格稼働を果たした2人のプロジェクト責任者に話を聞いた。 聞き手は本誌編集長・田口 潤 Photo:陶山 勉

PAGE TOP