グローバル展開 グローバル展開記事一覧へ

[イベントレポート]

【座談会】グローバル化担う企業ITの課題とIT部門が果たすべき役割

2012年3月7日(水)

真の意味でのグローバル化が加速していることで、企業ITに課せられる条件は厳しくなっている。ことに、新興国に対する展開が急進し、これまでとはまったく異なる価値観が求められている。一方で、IT化の取り組みは、より事業に密着した「コア部分」にシフトさせていく必要に迫られている。こうした背景の中で、IT部門はどんなアクションを起こしていくべきなのか。カシオ計算機のCIOとしてグローバルビジネスを牽引してきた矢澤篤志氏と、数々のコンサルティングを手がけ企業ITの動向にも詳しい桑原里恵氏を迎え、座談会形式で意見を伺った。司会進行は本誌編集長の田口潤。(文中敬称略)Photo:的野 弘路

矢澤篤志氏
矢澤 篤志 氏
カシオ計算機 執行役員 業務開発部長
CIOとして同社のグローバルビジネスを支えるIT戦略の立案と実践を担う

桑原里恵氏
桑原 里恵 氏
札幌スパークル システム・コーディネータ
ビジネスとITの“デザインファーム”を志し、30年以上にわたりコンサルティングを手がける
Twitter:@Satoekuwahara

田口潤
田口 潤
IT Leaders編集長
これまで一貫して、企業ITを対象とするメディアの編集に携わる

田口:今、日本企業の多くは好む好まざるに関係なく、グローバル経済の中に組み込まれる状況にあります。こうした背景の中で、企業のシステムやIT部門に何が求められるかをあらためて考えてみたいと思います。

桑原:企業ITに課される条件はますます厳しくなってますね。とりわけ新興国に対する展開スピードの向上は大命題で、これまでとはまったく異なった価値観が求められています。

矢澤: 製造業なんかは典型でしょうが、国内市場だけを見ていてもビジネスは成り立ちません。当社の場合は、90年代の後半から製造の8割超は海外だったし、販売も5割が海外という状況でした。当然ながら、グローバル視点でビジネスの足回りを整えることがIT部門の大きなミッションでした。

田口:そこでのスピード感がますます速まっている?

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連記事

【座談会】グローバル化担う企業ITの課題とIT部門が果たすべき役割 真の意味でのグローバル化が加速していることで、企業ITに課せられる条件は厳しくなっている。ことに、新興国に対する展開が急進し、これまでとはまったく異なる価値観が求められている。一方で、IT化の取り組みは、より事業に密着した「コア部分」にシフトさせていく必要に迫られている。こうした背景の中で、IT部門はどんなアクションを起こしていくべきなのか。カシオ計算機のCIOとしてグローバルビジネスを牽引してきた矢澤篤志氏と、数々のコンサルティングを手がけ企業ITの動向にも詳しい桑原里恵氏を迎え、座談会形式で意見を伺った。司会進行は本誌編集長の田口潤。(文中敬称略)Photo:的野 弘路

PAGE TOP