[ザ・プロジェクト]

販売データ分析にインメモリーBI導入 検討段階では150もの項目をチェック【小岩井乳業】

2012年3月19日(月)

高額の費用をかけてBIを導入。ところが、複雑な操作がユーザーの利用意欲をそいでしまったがゆえに死蔵している企業は少なくない。小岩井乳業は目先の機能に踊らされず「シンプル、低コスト」という条件を満たす製品を選択。利用率の向上とコスト効果の一挙両得に成功した。 聞き手は本誌副編集長・川上 潤司 Photo:的野 弘路

鎌田出(いづる)氏
鎌田 出(いづる) 氏
小岩井乳業 経営企画部 情報システム担当 部長代理
1984年、小岩井乳業に入社。基幹系システムを中心に業務系システム全般、ネットワークを含むITインフラ全般の企画・開発・運用に従事。受発注システム構築や飲料事業統合、販売情報分析システム導入、情報セキュリティ基盤構築といったプロジェクトを手がけた。2006年5月から現職。経営課題に直結した情報システム部門として全社のIT戦略を統括している。

 

齊藤淑(としやす)泰氏
齊藤 淑泰(としやす) 氏
小岩井乳業 経営企画部 広報担当 部長代理
1988年小岩井乳業に入社。首都圏・中部・盛岡の各支店で、消費者との接点である個店から量販店本部、エリア統括まで幅広く経験。その後、最前線の現場での体験を生かし、営業戦略策定・推進に携わる。2011年10月から現職。経営全体からの視点で、社内外に「小岩井だからこそできること」を伝える活動に従事している。

 

─BI基盤を刷新したそうですね。

鎌田:はい。AS/400上の基幹システムから日々の販売実績データをロードし、分析するシステムです。2011年1月から正式運用を開始し、ここへ来て利用が軌道に乗ってきました。営業部門を中心に、営業統括や経理、製造、マーケティング部門の担当者が使っています。ユーザー数は、経営層を含めて100人ほどです。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

販売データ分析にインメモリーBI導入 検討段階では150もの項目をチェック【小岩井乳業】 高額の費用をかけてBIを導入。ところが、複雑な操作がユーザーの利用意欲をそいでしまったがゆえに死蔵している企業は少なくない。小岩井乳業は目先の機能に踊らされず「シンプル、低コスト」という条件を満たす製品を選択。利用率の向上とコスト効果の一挙両得に成功した。 聞き手は本誌副編集長・川上 潤司 Photo:的野 弘路

PAGE TOP