[技術解説]

次世代UI構築メソッド PART 3

2012年4月10日(火)

6つの要素に分解して詳細なガイドラインを作る 今、企業が社内ユーザーに使わせていたUIのほとんどは、百点満点で20〜30点。これを平均点まで引き上げるだけで、業務効率や生産性を格段に向上できる。本パートでは、平均点以上のUIを作るための方法を解説する。

ユーザーインタフェース(UI)は、アプリケーションを通じたユーザーエクスペリエンス(UX)を考えるうえで非常に重要な要素である。ユーザーが引き起こすアクションとそれに対するシステムからのレスポンスは、すべてUIを介してやりとりされるからだ(図3-1)。ところが、企業システムの開発においてはこれまで、機能の実装に集中するあまりUIはあまり意識されてこなかった。

図3-1 アプリケーションにおいて、ユーザーのアクションやそれに対するサービスからのレスポンスはすべてUIを通じて伝達される
図3-1 アプリケーションにおいて、ユーザーのアクションやそれに対するサービスからのレスポンスはすべてUIを通じて伝達される

多くの企業内ユーザーは明確に意識しているかどうかはさておき、今日まで、使いにくいUIにじっと耐えてきた。コンシューマ向けアプリケーションのように、「使わない」という選択肢がないからである。たとえて言うなら、、国際空港における税関検査のようなものだ。税関検査では、長い行列に並ぶことを強いられる。利用者は、検査を受けなければ飛行機に搭乗できない。このため、「もっとスムーズに行列が流れるように工夫できるはず」と思っても、仕方なく指示に従う。同様に、企業内ユーザーも自社のシステムを「不便だが、そういうもの」と半ばあきらめの境地で使っている。

決してオーバーに言っているわけではない。エンタープライズアプリケーションにおけるUIを数多く見てきたが、「これは」と思うUIに出会ったことはあまりない。百点満点中、残念ながら20〜30点しか付けられないレベルがほとんどだ。

これは技術的な制約もさることながら、UIを評価・開発する際のセオリーが確立されていないことに起因している。このため、UI設計は開発者任せ。複数画面を分業して開発する際、各担当者はそれぞれ自分の知識や経験に基づき個別に構成やデザインを決めているのが実情だ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連記事

次世代UI構築メソッド PART 36つの要素に分解して詳細なガイドラインを作る 今、企業が社内ユーザーに使わせていたUIのほとんどは、百点満点で20〜30点。これを平均点まで引き上げるだけで、業務効率や生産性を格段に向上できる。本パートでは、平均点以上のUIを作るための方法を解説する。

PAGE TOP