[イベントレポート]

SAP、Leonardoのマシンラーニング機構をアップデート、Google Cloudとの連携強化も発表

SAP TechEd 2017 レポート

2017年11月20日(月)五味 明子(ITジャーナリスト)

SAPは2017年11月14日、テクノロジカンファレンス「SAP TechEd 2017」において、マシンラーニングポートフォリオ「SAP Leonardo Machine Learning Foundation」アップデート、ならびにGoogle Cloudとの連携強化などを発表した。主要なトピックを報告する。

 SAPは2017年11月14日(現地時間)、スペインのバルセロナで開催されたテクノロジカンファレンス「SAP TechEd 2017」において、同社のデジタルイノベーションブランド「SAP Leonardo」に含まれるマシンラーニングポートフォリオ「SAP Leonardo Machine Learning Foundation」のアップデートを発表した。OCRや多次元時系列予測などready-to-useなサービスや、顧客/パートナーが作成したモデルをトレーニングする機能などが含まれる。

SAPでCTOを務めるビョルン・ゲルケ(Bjorn Goerke)氏

 キーノートで発表を行ったSAPのビョルン・ゲルケ(Bjorn Goerke)CTOは「Leonardoは顧客のデジタルトランスフォーメーションを支える存在であり、AIはその中でも重要な位置づけ。新しくなったLeonrado Machine Learning Foundationにより、顧客やパートナーはカスタマイズされたAIを手にすることができ、デジタルトランスフォーメーションをより速く実現することが可能になる」と語り、AIがすべての企業のイノベーションに欠かせない技術となっていることを強調している。

 SAP LeonardoはIoT、マシンラーニング、ビッグデータ、データインテリジェンス、アナリティクス、ブロックチェーンという6つのアプリケーションカテゴリに分かれており、いずれもSAPのPaaS環境である「SAP Cloud Platform」上から提供される。単にクラウドからアプリケーション環境を提供するのではなく、SAPが得意とするデザインシンキング(https://it.impressbm.co.jp/articles/-/15013)をベースにソフトウェアとイノベーションを組み合わせることで、いままでにない発想でプロトタイプを作成し、迅速なデプロイ/デリバリを実現することを目指している。

 SAP Leonardo Machine Learning FoundationはLeonardoのマシンラーニングポートフォリオであり、以下の特徴を備える。

  • クラウドでデプロイされる
  • すぐに使えるAPI/サービスが揃っている
  • 顧客が自社のデータを使ってモデルを強化できる
  • Google TensorFlowとインテグレーションできる

 加えて、動画解析やレコメンデーションなどに必要なAPIサービスやGPU環境、さらにそれらのAPIを実装する複数のAIアプリケーションから構成されている。"Foundation"という名称は「AIを実装するための基本的(fundamental)なサービス群」という意味から付けられており、データサイエンティストなどのエキスパートでなくてもAI機能を容易に実装できる。

SAP Leonardo Machine Learningの構成。APIやAIサービスを提供する「INFERENCE」とモデルやアルゴリズムを強化する「TRAINING」の2つのレイヤがある
拡大画像表示

 今回のアップデートでは、あらかじめ定義されたAIサービスとしてOCRや多次元時系列予測などが利用できるようになったほか、事前に学習済みのモデルに対し顧客やパートナーが自社のデータを使って再学習させることが可能になる。発売前の製品の最適価格を予測したり、工場で必要なパーツやコンポーネントを速く正確に見分ける場合などに有効とされる。

 SAP TechEd 2017ではこのほかにも、

  • SAP HANAとサードパーティのシステムをつなぐ「SAP Data Hub」のアップデート
  • Google Cloudとの連携強化
  • ブロックチェーンイニシアティブ「SAP Blockchain Initiative」のメンバー拡張
  • 「ABAP in SAP Cloud Platform」のプレビュー版提供開始
  • iOS向けアプリケーション開発環境「SAP Cloud Platform SDK for iOS 2.0」のリリース

などが発表されている。この中でも最も注目されるのはGoogleとの連携強化で、キーノートにはGoogle CloudのCTOを務めるブライアン・スティーブンス(Brian Stevens)氏がゲストとして登壇し、Leonardo Machine Learning PlatformとTensorFlowとの統合や、HANA用に1.4TBの仮想マシン提供を含むGCP上でのSAPポートフォリオ提供枠の拡大、Google BigQueryとHANAおよびSAP Analytics Cloudの連携、「SAP Cloud Platform on GCP」のベータ提供などを明らかにしている。

SAPとGoogle Cloudの連携にはG SuiteとS4 HANAの統合も含まれる。「トランスペアレントかつセキュアな統合が実現したと確信している」(Google スティーブンス氏)
拡大画像表示

 SAPはAWSやAzureとも連携する"マルチクラウドプラットフォーム"を打ち出しているが、「コンテナでのサービス提供が急速に拡大している以上、Kubernetesが主流の現在、Googleとの連携を強化していくのは自然な流れ」(ゲルケ氏)という背景もあり、今後はさらにGoogleとのパートナーシップが拡大するのは間違いなさそうだ。

Google Cloudとの連携強化のアナウンスには、Google Cloudのブライアン・スティーブンスCTOが登壇し、SAPとGoogleのパートナーシップを強調していた
拡大画像表示
関連記事

SAP、Leonardoのマシンラーニング機構をアップデート、Google Cloudとの連携強化も発表SAPは2017年11月14日、テクノロジカンファレンス「SAP TechEd 2017」において、マシンラーニングポートフォリオ「SAP Leonardo Machine Learning Foundation」アップデート、ならびにGoogle Cloudとの連携強化などを発表した。主要なトピックを報告する。

PAGE TOP