[新製品・サービス]

オンプレのOracle DBをOracle Cloudに移行するSIサービス、富士通マーケティングが提供

2017年11月21日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士通マーケティングは2017年11月21日、オンプレミスのOracle Database環境をクラウドサービスの「Oracle Cloud」へと移行するサービス「Oracle Cloud 移行サービス」を発表、同日提供を開始した。価格は個別見積もりで、販売目標はOracle Cloudの導入支援サービス全体で今後2年間で300社。

 Oracle Databaseをオンプレミス環境からクラウド環境へと移行するSIサービスをメニュー化した。関連サービスとして、オンプレミスで稼働中のOracle Databaseの災害対策サーバーをクラウド上に構築するサービスや、クラウド環境にVPN接続するサービス、クラウド環境のログを監視・解析するサービスなども順次提供する。

 富士通マーケティングが蓄積したOracle Databaseの構築ノウハウやスキルをパターン化しているため、推奨設定で導入することにより、短期間での環境構築や確実な移行が可能としている。また、Oracle Cloudは、富士通の国内データセンターから提供する。

 Oracle Cloudの導入支援サービス体系は以下の通り。

Oracle Cloudの導入支援サービス体系
サービス名 サービス概要 提供開始日
Oracle Cloud 環境構築サービス Oracle Cloudを利用する上で必要な初期導入作業を実施 2017年11月21日
Oracle Cloud 移行サービス オンプレミスで稼動しているOracle DatabaseをOracle Cloud基盤のOracle Databaseサーバーへ移行 2017年11月21日
Oracle Cloud DR構築サービス(仮称) オンプレミスで稼働中のOracle Databaseサーバーの災害対策サーバーをOracle Cloud基盤に構築 2018年2月予定
Oracle Cloud ネットワーク構築サービス(仮称) Oracle Cloudにセキュアに接続するVPN環境を構築 2018年2月予定
Oracle Cloud セキュリティサービス(仮称) Oracle Cloudのログを監視、解析 2018年2月予定
関連記事

オンプレのOracle DBをOracle Cloudに移行するSIサービス、富士通マーケティングが提供 富士通マーケティングは2017年11月21日、オンプレミスのOracle Database環境をクラウドサービスの「Oracle Cloud」へと移行するサービス「Oracle Cloud 移行サービス」を発表、同日提供を開始した。価格は個別見積もりで、販売目標はOracle Cloudの導入支援サービス全体で今後2年間で300社。

PAGE TOP