開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[技術解説]

Node-REDによるアプリケーション開発―その流れと事例、注意点まで

IoTに欠かせないアジャイル開発ツール、Node-RED(後編)

2017年11月28日(火)横井一仁(日立製作所 研究開発グループ 研究員) 中西数樹(日立ソリューションズ クロスインダストリソリューション事業部 ユニットリーダ) 西山博泰(日立製作所 研究開発グループ 主管研究員)

IoTに取り組む際に必要なアジャイル型の開発ツール、「Node-RED(ノードレッド)」。これを解説する後編では、一歩踏み込んで、IoTアプリケーション開発の流れとNode-REDの関係や利用事例について述べる。

 前編では、IoTシステム開発の問題と、Node-REDによって解決できることを示しました。後編ではNode-REDの機能や事例を紹介します。IoTアプリケーション開発におけるNode-REDの利用は、エッジデバイス、クラウド環境の2つに大きく分類できます。

 センサーからデータを収集したり1次加工したりするエッジデバイスは高機能化が進んでおり、Node-REDを動作させるリソースを備えたデバイスが多数存在します。Raspberry PiIntel IoT Gatewayが、その例です。

 これらにNode-REDを搭載することで、データの収集処理を簡単に構築できます。Node-REDには初めからセンサー入力や通信のためのノードが用意されており、これらに画像解析などコミュニティ開発されているノードを加えて利用できるためです。

 クラウド環境では収集したデータの分析や可視化など、大量データの加工や知見の抽出、外部システムとの連携といった一連の処理をNode-REDで開発・実行できます。容易に推察できると思いますが、Node-REDにはこういった処理に欠かせないデータベースへのアクセスや分析、他のサービス連携などの機能を提供するノードが用意されています。

 このようなNode-REDプラットフォームを提供するクラウドサービスも、すでに複数存在します。Sense TecnicのFRED環境IBM Cloud、および筆者らが関わっている日立IoTプラットフォームLumadaなどです。前2者は、登録などが必要なものの試用が可能ですので、試しにアクセスして使ってみることをお勧めします。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
【次ページ】Node-REDの利用事例
  • 1
  • 2
関連記事

Node-REDによるアプリケーション開発―その流れと事例、注意点までIoTに取り組む際に必要なアジャイル型の開発ツール、「Node-RED(ノードレッド)」。これを解説する後編では、一歩踏み込んで、IoTアプリケーション開発の流れとNode-REDの関係や利用事例について述べる。

PAGE TOP