[事例ニュース]

OCRを組み合わせたLINEボットで電力料金の相談を自動化、オカモトが実証実験

2018年1月16日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

電気小売事業者のオカモトとNECソリューションイノベータは2018年1月16日、北海道エリアの消費者を対象に、電力料金プランの提示や電力使用に関する質問への回答を自動で行うツールの実証実験を行うと発表した。

図1●実証実験の流れ(出所:NEC)図1●実証実験の流れ(出所:NEC)
拡大画像表示

 コミュニケーションツール「LINE」と、自動応答を行うチャットボット(コンシェルジュが開発)を組み合わせて開発した。電力料金の読み取りには、OCR(光学文字読み取り)を活用する。

 ツールの利用者は、電気事業者が発行する電力使用料の伝票を、スマートフォンで撮影し、LINEでオカモトのLINE@アカウントに送信する。LINE@アカウントは、より安価な料金プランを自動で提示してくれる。また、ツール利用者の質問に自動で回答する。

 背景には、2016年4月から電力小売り事業が自由化され、電力の供給元やサービスを選択できるようになったという状況がある。北海道全域と東北地方に電力供給を行うオカモトは、手軽に電力小売りの比較検討や疑問点の解消を行える手段を模索していた。

 実証実験の実施期間は、2018年1月25日(木)から3月30日(金)。対象は、北海道エリアの在住者。消費者からLINE経由で受けた疑問点に対する自動応答の精度や、電力事業者が発行する紙伝票画像の読み取り精度などを検証する。

関連記事

OCRを組み合わせたLINEボットで電力料金の相談を自動化、オカモトが実証実験電気小売事業者のオカモトとNECソリューションイノベータは2018年1月16日、北海道エリアの消費者を対象に、電力料金プランの提示や電力使用に関する質問への回答を自動で行うツールの実証実験を行うと発表した。

PAGE TOP