[新製品・サービス]

NEC、量子アニーリングマシンを2023年までに実用化、量子状態時間を向上

2018年1月23日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2018年1月23日、組合せ最適化問題を超高速に解くための量子アニーリングコンピューティングにおいて、性能向上に大きく関わる量子状態時間を大幅に向上可能な方式の実証を完了したと発表した。今後NECは、量子アニーリングマシンを2023年までに実用化するため、研究者を増員して体制を拡大し、研究開発を大幅に加速する。

 量子アニーリングマシンは、無数にある選択肢の中から最適な組合せを導出する「組合せ最適化」を行うコンピュータである。量子アニーリングマシンの実現に関しては、技術的な課題として、高速化のカギである量子状態を長時間保つことが難しいという点と、大規模な問題を扱うための計算素子ネットワークの構築が難しいという点がある。

 NECは今回、(1)量子状態を長く保つための新量子素子、(2)新量子素子間を密に結合してスケーラブルに拡張可能な量子素子間ネットワーク、―の2つの技術を組み合わせた。これらの技術を用いた基本回路ユニットの理論的な解析とシミュレーションにより、期待される動作がなされることを検証したという。今回の方式を用いれば、問題のサイズが大規模な場合であっても、組合せ最適化問題を超高速に解けるとしている。

 考案した回路はノイズ耐性に優れており、量子状態を長く維持できるという。量子ビット間の全ての相互作用をスケーラブルに実装できる全結合方式により、量子ビット間の配線の限界による規模拡大の制約を解決したという。

関連キーワード

量子コンピュータ

関連記事

Special

-PR-

NEC、量子アニーリングマシンを2023年までに実用化、量子状態時間を向上 NECは2018年1月23日、組合せ最適化問題を超高速に解くための量子アニーリングコンピューティングにおいて、性能向上に大きく関わる量子状態時間を大幅に向上可能な方式の実証を完了したと発表した。今後NECは、量子アニーリングマシンを2023年までに実用化するため、研究者を増員して体制を拡大し、研究開発を大幅に加速する。

PAGE TOP