[新製品・サービス]

NEC、食品業界の需給ギャップを埋めるクラウドサービス、AIで食品ロス・廃棄を減らす

2018年2月28日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2018年2月28日、製造、卸、小売などのサプライチェーンにおける需要と供給のギャップをAI技術によって解消するアプリケーション群をクラウド型で提供するサービス「受給最適化プラットフォーム」を発表した。第1弾として、食品の廃棄を減らすアプリケーション群を2018年7月から提供開始する。販売目標は、2020年に200億円。

 受給最適化プラットフォームは、製造、卸、小売などのサプライチェーンにおける需要と供給のギャップをAI技術によって解消するアプリケーション群である。クラウドサービスとして提供する。製造業向けに出荷予測アプリケーション、小売り向けに来店客数や販売数を予測するアプリケーションなどを取りそろえる。

図1●需給最適化の概要(出所:NEC)図1●需給最適化の概要(出所:NEC)
拡大画像表示

 第1弾として、食品業界向けのアプリケーション群を用意した。食品の製造、流通、小売りのプロセスで発生する食品の廃棄量を減らすことが狙い。NECが提示した農林水産省のデータによると、国内では年間632トンの食料が廃棄されており、このうち過半数の330万トンが消費者に渡る前のサプライチェーンで発生している。これを減らす。

図2●受給最適化プラットフォームのサービス構成(出所:NEC)図2●受給最適化プラットフォームのサービス構成(出所:NEC)
拡大画像表示

 クラウド型で提供するアプリケーションの特徴の1つは、AI技術を使っていること。異種混合学習技術と呼ぶ、データの中に規則性が複数存在する時に、これを自動で場合分けして予測モデルを算出する技術を採用した。過去の販売実績、気象予報、カレンダー情報、イベント情報などのデータの相関関係を解析する。

写真1●NEC エンタープライズBU 理事 中田平将氏写真1●NEC エンタープライズBU 理事 中田平将氏
拡大画像表示

 食品業界全体で予測モデルの精度を高める試みとして、気象データや各種のオープンデータに加えて、受給最適化プラットフォームを利用する企業の各社からデータを匿名化した上で安全に収集して活用する仕掛けも用意した。

 2018年1月には、気象データを扱う一般財団法人日本気象協会(JWA)とともに、飲料の需給最適化を行う実証実験を実施している。

2018年7月に提供開始する食品業界向けアプリケーション
サービス名称 対象 サービス概要
コーディネーターサービス 食品製造
食品卸
小売
  • 実証実験における技術者支援
  • 本運用に向けた立上技術支援
など
短期出荷商品サービス 食品製造 直近の食品製造企業の出荷量を予測
来店客数予測サービス(日別) 小売 店舗の日別の来店客数を予測
カテゴリ別販売サービス 小売 店舗の日別の商品分類毎の販売量を予測
単品別販売サービス 小売 店舗の日別の単品別の販売量を予測
推奨発注量提案サービス 小売 需要予測を元に、簡易的に発注数を算出
関連記事

Special

-PR-

NEC、食品業界の需給ギャップを埋めるクラウドサービス、AIで食品ロス・廃棄を減らすNECは2018年2月28日、製造、卸、小売などのサプライチェーンにおける需要と供給のギャップをAI技術によって解消するアプリケーション群をクラウド型で提供するサービス「受給最適化プラットフォーム」を発表した。第1弾として、食品の廃棄を減らすアプリケーション群を2018年7月から提供開始する。販売目標は、2020年に200億円。

PAGE TOP