[事例ニュース]

NOVA、Oracle互換DBでシステムをクラウド化

2018年4月17日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本ティ―マックスソフトは2018年4月17日、Oracle Database互換をうたうRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)ソフト「Tibero RDBMS」のユーザー事例の1つとして、語学教育などを手がけるNOVAホールディングスの事例を発表した。教室の予約システムから基幹システムにいたる自社システムをIBM Cloud上の仮想化環境に移行し、稼働中という。

 NOVAホールディングスは、情報システムをクラウドへと移行することを検討する中で、クラウド化によってOracle Databaseの維持費用が高くなってしまうことが分かった。そこで、Oracle Database互換をうたうTibero RDBMSをIBM Cloud上で検証し、結果として採用した。データベースの移行期間は1カ月。この他のアプリケーションの移行作業や検証を含めて、総開発期間4カ月でIBM Cloudへの移行が完了したという。

 なお、Tibero RDBMSは、Oracle Databaseとの互換性の高さをうたうRDBMSである。既存のアプリケーション資産を、プログラムを変更することなくOracle DatabaseからTibero RDBMSに移行できるとしている。PL/SQLで記述したストアドプロシージャも動作するほか、Oracle Real Application Clusters(RAC)と同等の機能も持つ。最大の特徴は、Oracle Databaseと比べて、導入コストや運用保守費用が安いことである。

関連記事

NOVA、Oracle互換DBでシステムをクラウド化日本ティ―マックスソフトは2018年4月17日、Oracle Database互換をうたうRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)ソフト「Tibero RDBMS」のユーザー事例の1つとして、語学教育などを手がけるNOVAホールディングスの事例を発表した。教室の予約システムから基幹システムにいたる自社システムをIBM Cloud上の仮想化環境に移行し、稼働中という。

PAGE TOP