[新製品・サービス]

QRコードを使った顔認証システム、NECソリューションイノベータとデンソーウェーブ

2018年6月15日(金)IT Leaders編集部

デンソーウェーブとNECソリューションイノベータは2018年6月14日、顔認証によって本人確認を行えるようにするシステム製品「顔認証なりすまし防止ソリューション(SQRC版)」を発表した。特徴は、セキュリティ性が高く、偽造や改ざんに強いQRコードである「SQRC」に、顔の特徴データを格納することである。2018年7月から両社で販売する。販売目標は、今後3年間で10億円。

 顔認証なりすまし防止ソリューション(SQRC版)は、顔認証によって本人確認を行えるようにするシステム製品である。事前に顔の特徴データをQRコードに格納しておき、撮影した顔と照合することで本人を確認する仕組み。ネットワークにつながっていない場所でも顔認証が可能で、なおかつ本人を特定できる個人情報をローカルに保持せずに済む。

 SQRCでは、1つのデータに公開と非公開の2種類のデータを格納できる。特定のスキャナ装置だけが非公開部にアクセスできる。URLなどの一般情報を公開部分へ、顔の特徴データや社員番号などの情報を非公開部分に格納することで、機密情報を秘匿化できる。

 デンソーウェーブ製ハンディターミナル「BHT」シリーズは、QRコードに加え、SQRCも読み取ることができる。このため、入出庫、検品、棚卸、点検などの業務と、顔認証による本人確認を、1台の端末で行える。

 NECソリューションイノベータは今後、同製品の一部をクラウド上でも利用可能にする。また、両社の販売網を生かした共同マーケティングと販売を行い、金融窓口やATM操作時の本人確認、作業者の資格保有確認、店舗スタッフの本人確認、受験・受講時の本人確認など、金融・製造・リテール・教育などの分野で販売を拡大していく。2017年11月から3カ月間、金融機関で実証実験を実施している。

関連記事

Special

-PR-

QRコードを使った顔認証システム、NECソリューションイノベータとデンソーウェーブデンソーウェーブとNECソリューションイノベータは2018年6月14日、顔認証によって本人確認を行えるようにするシステム製品「顔認証なりすまし防止ソリューション(SQRC版)」を発表した。特徴は、セキュリティ性が高く、偽造や改ざんに強いQRコードである「SQRC」に、顔の特徴データを格納することである。2018年7月から両社で販売する。販売目標は、今後3年間で10億円。

PAGE TOP