[新製品・サービス]

RPAテクノロジーズ、RPAソフトのSaaS版「BizRobo! DX Cloud」を発表

2018年6月19日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

RPAテクノロジーズは2018年6月19日、RPA(ロボットによる業務自動化)ソフト「BasicRobo」をSaaS型クラウドサービスの形態で提供する「BizRobo! DX Cloud」を発表した。クラウド上でのWebブラウザ操作だけでなく、オンプレミス環境のデスクトップアプリケーションも操作できる。2018年6月30日から提供する。価格(税別)は月額20万円から。

 BizRobo! DX Cloudは、RPAソフトのBasicRoboをクラウド型で提供するサービスである。RPAテクノロジーズが用意したデータセンターにBasicRoboの実行環境一式を用意し、これを個々のユーザー企業に対して占有型で提供する。BizRobo! DX Cloudを利用することで、ユーザーみずからBasicRoboのサーバーを設置しなくて済む(画面1)。

図1:BizRobo! DX Cloudの構成イメージとユースケース(出典:RPAテクノロジーズ)
拡大画像表示

 BizRobo! DX Cloudで操作を自動化できる対象は、BasicRoboのサーバー上(クラウド上)で動作するWebブラウザと、オンプレミス環境で動作するExcelなどのデスクトップアプリケーションである。Webブラウザはサーバー上で動作するため、Webアプリケーションの操作についてはサーバー側の資源だけで自動化できる。

 付帯サービスとして、ナレッジベースサイト、Web研修コンテンツ、サンプルロボット集、ユーザーコミュニティサイト、3カ月間の無償サポート、24時間のサーバー監視、などもあわせて提供する。

関連キーワード

RPA / ワークスタイル

関連記事

RPAテクノロジーズ、RPAソフトのSaaS版「BizRobo! DX Cloud」を発表RPAテクノロジーズは2018年6月19日、RPA(ロボットによる業務自動化)ソフト「BasicRobo」をSaaS型クラウドサービスの形態で提供する「BizRobo! DX Cloud」を発表した。クラウド上でのWebブラウザ操作だけでなく、オンプレミス環境のデスクトップアプリケーションも操作できる。2018年6月30日から提供する。価格(税別)は月額20万円から。

PAGE TOP