[新製品・サービス]

セールスフォースが営業支援クラウドを強化、各商談の売上額をAIが予測

2018年6月20日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

セールスフォース・ドットコムは2018年6月20日、会見を開き、クラウド型の営業支援アプリケーション「Sales Cloud」に備わっているAI(人工知能)機能「Sales Cloud Einstein」について説明した。同日付けでAI機能を強化し、これまで提供してきたリード(見込み客)と商談のスコアリング機能に加えて、新たにAIが売上数値を予測する機能を追加した。

 クラウド型の営業支援アプリケーションであるSales Cloudの特徴の1つが、AIによって営業活動を支援するSales Cloud Einstein機能を備えることである。AIを使うことによって、営業に関するデータから自動でインサイト(洞察)を得られるという。営業担当者の生産性が高まり、貴重な時間を効率よく使えるようになるという。

画面1●Einstein売上予測では、各商談の売上額をAIが予測する画面1●Einstein売上予測では、各商談の売上額をAIが予測する
拡大画像表示

 今回、Sales Cloud Einstein機能を強化し、これまで提供してきた「Einsteinリードスコアリング」と「Einstein商談スコアリング」の2つの機能に加えて、新たに「Einstein売上予測」の機能を利用できるようにした。新機能の売上予測は、米Salesforce.com社内で1年間ほど実運用しており、成果を上げているという。

 現状のSales Cloudでは、個々の営業担当者が入力した売上予測データを集計することによって売上の予定額を出している。ところが、この方法では、営業担当者によって数値が控えめだったり過剰だったりする。このため、管理者が数値を補正する機能もある。

写真1●米Salesforce.comのエグゼクティブ・バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーでSales Cloud担当のAdam Blitzer(アダム・ブリッツァー)氏写真1●米Salesforce.comのエグゼクティブ・バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーでSales Cloud担当のAdam Blitzer(アダム・ブリッツァー)氏
拡大画像表示

 こうした経緯から、AIを用いて売上を予測する機能を追加した。営業担当者が売上予測額を入力する既存の画面を残したまま、AIが予測した各商談の売上額を表示するようにした。売上を予測する材料としては、個々の営業担当者が過去にクローズした商談の実績や、営業担当者の特徴なども考慮に入れる。

 会見では、既存のAI機能群についても説明した。まず、リードスコアリング機能は、受注する可能性について、個々のリード(見込み客)をスコア化する機能である。スコアが高い(受注の可能性が高い)リードに優先して取りかかれるようになる。商談スコアリングも同等で、商談リストに優先度を設定する。重視すべき商談が一目瞭然になるという。

関連記事

Special

-PR-

セールスフォースが営業支援クラウドを強化、各商談の売上額をAIが予測セールスフォース・ドットコムは2018年6月20日、会見を開き、クラウド型の営業支援アプリケーション「Sales Cloud」に備わっているAI(人工知能)機能「Sales Cloud Einstein」について説明した。同日付けでAI機能を強化し、これまで提供してきたリード(見込み客)と商談のスコアリング機能に加えて、新たにAIが売上数値を予測する機能を追加した。

PAGE TOP