[五味明子のLock on!& Rock on!]

「観る楽しさを届けたい」思いをIoT/ドローンで実現―ウインドサーフィンW杯での技術チャレンジ

2018年7月17日(火)五味 明子(ITジャーナリスト/IT Leaders編集委員)

サッカーのワールドカップロシア大会がフランスの優勝で閉幕したが、2018年がワールドカップ年の競技はサッカーだけではなく、中には日本人にはなじみの薄い“マイナースポーツ”もいくつか開催されている。2018年5月に横須賀・津久井浜海岸で開催された「PWAウインドサーフィンワールドカップ 2018」がその1つだ。同大会ではIoT/ドローンを活用した競技のリアルタイム配信というユニークな試みがなされた。

 PWAウインドサーフィンワールドカップは、“海上のF1”とも呼ばれるウインドサーフィンの世界最高峰の大会シリーズだ。当然ながらサッカーなどのメジャースポーツに比べると国内での知名度は低い(画面1)。

画面1:PWAウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会のWebサイト

 マイナースポーツと言っても、ウインドサーフィンは2020年の東京オリンピックの正式種目にもなっている。そこで、日本でのワールドカップ開催を機に、より多くの人々の興味と関心をひきつけ、競技人口を増やし、メジャースポーツへと成長させていきたい――そんな思いをITのパワーを駆使して実現しようとして挑まれたプロジェクトがある。

 取り組んだのは、富士通でデジタルフロント事業本部 デジタルコンピテンスセンタースポーツビジネス開発部 プロジェクトリーダーを務める横井愼也氏(写真1)だ。今回は、2018年7月4日に東京都内で行われたIoTコンファレンス「SORACOM “Discovery” 2018」(主催:ソラコム、関連記事:SORACOM “Discovery” 2018レポート)の事例セッションに登壇した横井氏のプレゼン内容を元に、IoTによる可視化がマイナースポーツにもたらす可能性を考えてみたい。

写真1:富士通 デジタルフロント事業本部 デジタルコンピテンスセンタースポーツビジネス開発部 プロジェクトリーダーの横井愼也氏
この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
五味明子のLock on!& Rock on!一覧へ
関連キーワード

富士通 / ソラコム / スポーツ

関連記事

Special

-PR-

「観る楽しさを届けたい」思いをIoT/ドローンで実現―ウインドサーフィンW杯での技術チャレンジサッカーのワールドカップロシア大会がフランスの優勝で閉幕したが、2018年がワールドカップ年の競技はサッカーだけではなく、中には日本人にはなじみの薄い“マイナースポーツ”もいくつか開催されている。2018年5月に横須賀・津久井浜海岸で開催された「PWAウインドサーフィンワールドカップ 2018」がその1つだ。同大会ではIoT/ドローンを活用した競技のリアルタイム配信というユニークな試みがなされた。

PAGE TOP