[新製品・サービス]

VA Linux、コンテナ管理ソフト「Kubernetes」の技術支援サービスを提供

2018年8月2日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

Linuxや周辺ミドルウェアなどのオープンソース(OSS)を専門とするSIベンダーのヴィーエー・リナックス・システムズ・ジャパン(VA Linux Systems Japan)は2018年8月2日、コンサルティングおよび開発支援サービスにコンテナ管理ソフト「Kubernetes」(k8s)を追加した。コンテナ関連の技術サポートにコミットするという。価格は個別見積もり。

 VA Linux Systems Japanは、コンテナ技術を重要なプラットフォームの1つとして位置付け、2017年度からDockerの技術支援サービスを提供してきた。今回、コンテナ管理ツールであるKubernetesをサービスの対象に含めた。

 背景には、AIやIoTの登場によって、エッジコンピューティングやコンテナ技術の活用が進んでいるという状況がある。ユーザーからの相談も、基盤系だけでなく、ミドルウェアやアプリケーションなどの上層層へと広がっているという。

 同社は以前から、仮想化技術を採用したクラウド運用基盤ソフトであるOpenStackに注力している。同社によると、OpenStackユーザーの大多数がコンテナ技術に関心を抱いている。OpenStackとコンテナ技術を連携させる需要は今後増していくとしている。

Kubernetes技術支援サービスの内容

コンサルティング(導入支援)
機能要件に対する技術的実現性の検討と実現案の提案
技術調査・分析
ソースコード解析調査
受託開発
機能追加の検討、実施
運用ツールの開発
コミュニティ対応
コミュニティへの機能提案および開発
バグレポート・修正
コミュニティ活動支援
トレーニング
コンテナアーキテクチャ解説
コンテナ管理の仕組み
コンテナ環境の設計ノウハウ
Docker / Kubernetes ネットワーク接続の仕組み
関連キーワード

Kubernetes / VA Linux / コンテナ

関連記事

Special

-PR-

VA Linux、コンテナ管理ソフト「Kubernetes」の技術支援サービスを提供Linuxや周辺ミドルウェアなどのオープンソース(OSS)を専門とするSIベンダーのヴィーエー・リナックス・システムズ・ジャパン(VA Linux Systems Japan)は2018年8月2日、コンサルティングおよび開発支援サービスにコンテナ管理ソフト「Kubernetes」(k8s)を追加した。コンテナ関連の技術サポートにコミットするという。価格は個別見積もり。

PAGE TOP